サッカーニュース新着記事

2021年04月21日

東京五輪サッカー、男子は仏、メキシコ、南アと対戦 女子は英など同組







1 :久太郎 ★:2021/04/21(水) 18:30:32.21 ID:CAP_USER9.net
 東京オリンピックのサッカーの組み合わせ抽選会が21日、スイス・チューリヒで行われた。男子で7大会連続11回目の出場となる日本(国際サッカー連盟=FIFA=ランキング28位)は1次リーグA組でフランス(2位)、メキシコ(11位)、南アフリカ(75位)と対戦が決まった。女子で2大会ぶり5回目出場の日本(11位)は1次リーグE組で英国(6位=イングランド)、カナダ(8位)、チリ(37位)と同じ組に入った。

 サッカーは7月23日の開会式を前に競技が始まる。1次リーグの日程は、日本の男子は同22日に南アフリカ(東京・味の素スタジアム)、25日にメキシコ(埼玉スタジアム)、28日にフランス(横浜・日産スタジアム)、女子は21日にカナダ、24日に英国(いずれも札幌ドーム)、27日にチリ(宮城・キューアンドエースタジアムみやぎ)。

 原則24歳以下で行われる男子は16チーム、女子は12チームが出場し、それぞれ4チームずつでの1次リーグの後、8チームが決勝トーナメントに進む。日本の男子は1968年メキシコ大会の銅メダルが最高成績で、前回2016年リオデジャネイロ大会は1次リーグ敗退。日本の女子は12年ロンドン大会で銀メダルを獲得した。【谷口拓未】

https://news.yahoo.co.jp/articles/a05249ef3bff704d4c45062709369cb956549d38



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


森保監督 五輪OA枠は「A代表でコアなメンバー」「経験値高く支えてくれる選手」







1 :砂漠のマスカレード ★:2021/04/21(水) 18:40:10.24 ID:CAP_USER9.net
 サッカーU−24日本代表と女子代表なでしこジャパンが出場する東京五輪の組み合わせ抽選会が21日、スイス・チューリッヒで行われた。7大会連続11度目出場の開催国日本は1次リーグA組に入り、強豪国がそろう南アフリカ、メキシコ、フランスと同組になった。7月22日に味の素スタジアムで、南アフリカと開幕戦を行う。

 抽選を受けて森保一監督が会見に応じた。

 「厳しいグループだと思います。非常に力のあるグループとの対戦。1戦1戦われわれの持っている全てをぶつけていかないといけないと思っています。目標はグループリーグ突破ではない。勝ち抜いて目標に達するにはどのグループでどの対戦国となっても気持ちは変わらない」と抽選会を終えての感想を述べた。

 森保監督はオーバーエージ(OA)枠の採用を明言し、その候補像を語った。「絶対的な戦力になり得る選手だと思っています。A代表でコアなメンバーとして戦っている選手と考えていますし、より経験値が高く、試合を安定して戦える、オリンピックエージの選手が思いきって戦えるチームを支えてくれる選手をOAと考えていきたい。チームの状況を見て最終的に決めたいですね」と明かした。

 さらに「基本的にはオリンピックエージの選手には、『OAも含めて18人の日本代表の選考に入っている』と話していますし、より安定して闘うためにもOAは必要と考えています」と話した。

 男子の1次リーグ各組は以下の通り。

 【A組】日本、南アフリカ、メキシコ、フランス

 【B組】ニュージーランド、韓国、ホンジュラス、ルーマニア

 【C組】エジプト、スペイン、アルゼンチン、オーストラリア

 【D組】ブラジル、ドイツ、コートジボワール、サウジアラビア

 キックオフ時間を含めた競技スケジュールについては確定後、あらためて公表される。試合は東京、札幌、宮城、鹿島、埼玉、横浜で開催。男子決勝は8月7日に横浜国際総合競技場で、女子決勝は8月6日に国立競技場で行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f42f7dd87ffbb6cbd9df63d1b219c4f4eaf29006
4/21(水) 18:28配信



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ヘタフェ監督、久保建英の状況は「フィジカル面で熟成する必要がある」







1 :ゴアマガラ ★ :2021/04/16(金) 19:31:46.23 ID:CAP_USER9.net
ヘタフェのホセ・ボルダラス監督(57)が14日、スペインEFE通信のインタビューに応じ、日本代表MF久保建英の現在の状況についても言及した。以下、一問一答。

−ビリャレアルに続き、ヘタフェでもなかなか先発出場できていない。現状打破に何が必要か?

ボルダラス監督 彼が少し若く、特にフィジカル面で熟成する必要があるのは間違いない。彼もそのことは分かっている。もしフィジカル面を1歩前進させることができれば、本当にすごい選手になれる才能を備えている。
すごいスピードでプレーし、多くのコンタクトがある現代サッカーで自分をうまくコントロールするには、フィジカル面で必死に努力する必要がある。技術的にはレアル・マドリードが大きな期待を寄せるような素晴らしい選手になるためのクオリティーを備えている。

−メディアが久保をピッチで見たいと望み過ぎていると思うか?

ボルダラス監督 間違いない。その通りだと思う。そのような選手になるためには時間がかかる。時に期待が現実を上回り、それに応えられないと失望に陥る。
これまでも多くの選手が成長するための期間を必要としてきた。彼らにとって必要なことや、成熟のための時間、タイミングは、日々一緒に過ごしている我々監督にしか分からないんだ。

久保はこの後、18日に保有元のレアル・マドリードと今季3度目の対戦を迎える。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/43a068b64e73d084c39cea6156187b258bc744d8



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする