サッカーニュース新着記事

2019年02月19日

<名物会長>ヒゲ、タトゥー、ピアスのないイタリア人だけで構成…ベルルスコーニ、3部モンツァを「手本となるチームに」







1 :Egg ★:2019/02/14(木) 19:20:50.37 ID:PaV/VbOA9.net
古巣ミランへの特別な想いも明かす。

かつてミランに黄金期を築いた名物会長のシルビオ・ベルルスコーニは現在、イタリア3部のモンツァのオーナーを務めている。
ミラン時代のように華やかな世界ではないが、ベルルスコーニには新たな目標があるようだ。

イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ベルルスコーニは「我々はモンツァをお手本になるようなチームにしたいと思っている」と、
所属する全選手をイタリア人のチームにしたいと述べた。

「若くて、髪型もしっかり整え、ヒゲやタトゥー、ピアスのないイタリア人選手だけにしたい。
レフェリーに話しかけるときは礼儀正しく、子どもからサインを頼まれたら、ちゃんと読める字で名前をしっかり書くような選手たちだ」
 
一方でベルルスコーニは、ミランを中国人実業家ヨンホン・リーに売却した過去についても言及している。
資金力に不透明感があったリーへの売却は、ベルルスコーニや彼が持つ会社のマネーロンダリングではないかとの噂が絶えなかった。

だがベルルスコーニは、「私の会社が国外で資金を持ったことはない。ミランの売却はまったく潔白だよ。そうじゃないと考えるのは愚か者でしかない」と一蹴している。
ベルルスコーニの右腕であるアドリアーノ・ガッリアーニは、モンツァでCEOとしてふたたびタッグを組んでいる。ただ当然、彼らのミランに対する想いはいまでも特別なものだ。

イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、ガッリアーニは現在のミランについて「リーグ最高の補強をしたね」と、1月にクシシュトフ・ピオンテクとルーカス・パケタを獲得した古巣を称賛した。
「ピオンテクの力や蹴り方はアンドリー・シェフチェンコを思い出させる。ピオンテクがパケタに後方から飛び乗った(ゴールセレブレーションの)写真を見たが、カカとシェフチェンコを少し思い出したよ。良い前兆であることを願おうじゃないか」

ベルルスコーニとガッリアーニが率いるモンツァが、かつてのミランのように輝く日は訪れるのか。モンツァは現在7位。セリエB(2部)昇格プレーオフ圏内につけている。

2/14(木) 17:37配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190214-00054110-sdigestw-socc

写真





続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<DF比嘉祐介>29歳で現役引退…先輩・中村俊輔にエールも「あっ、しゅんさん応援しています!」「サッカー3150!」







1 :Egg ★:2019/02/14(木) 13:08:24.00 ID:20bbEaHq9.net
 東京ヴェルディは14日、2018シーズンで契約満了となったDF比嘉祐介の現役引退が決定したと発表した。

 比嘉は1989年生まれの29歳。流通経済大学付属柏高校で高円宮杯全日本ユース(U−18)サッカー選手権大会、第86回全国高等学校サッカー選手権大会を制覇し、流通経済大に進学した。同大学ではユニバーシアード日本代表に2度選出されたほか、U−20、21、22日本代表にも招集。2010年のアジア大会などに出場した。

 2012年に横浜F・マリノスへ加入。同年にはU−23日本代表の一員として、ロンドン・オリンピック最終予選のメンバーにも名を連ねた。2014年には京都サンガF.C.への期限付き移籍を経験。2015年には横浜FMへ復帰した後、2016年からは2年間に渡ってジェフユナイテッド千葉でプレーした。

 そして昨季開幕前、東京Vへ加入。公式戦の出場は天皇杯での1試合にとどまっていた。キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで2試合出場、明治安田生命J2リーグで35試合出場1得点、JリーグYBCルヴァンカップで10試合出場、天皇杯で11試合出場を記録している。

 現役引退にあたり、比嘉は以下のようにコメントしている。

「こんにちはヴェルディに関わる皆さん、1年間ありがとうございました!去年1年間、怪我をしてチームに迷惑ばかりかけて申し訳ありませんでした。自分のサッカー人生で1番苦しく、自分自身情けなく感じるシーズンでした。それでも、いつも声を掛けてくれるサポーターには感謝しかありません。『早くケガを治してピッチに立って下さい』の一言がリハビリのモチベーションでした。たまらなかったです!」

「そして、ご報告があります。2018年をもって現役を引退することを決めました!サッカーを始めてちょうど20年くらいですが、生活からサッカーが離れることはこの20年間なかったので不安もありますが、これからの第二の人生が長いので頑張って行きたいと思います。沖縄から出てきていろいろな人に会えて、いろいろな所に行けて、とてもいい経験になりました。流通経済大学柏高校の本田裕一郎先生、流通経済大学の中野雄二先生、本当にありがとうございました。お世話になったスタッフの皆さんにも感謝しかないです!」

「自分はJリーガーになってからは、試合には全然出ることができませんでしたが、プロ生活7年間はすごく楽しかったし、良い思い出しかありません。プレーする場を与えてくれた横浜F・マリノス、京都サンガF.C.、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディで関わった皆さん、そしていつも応援してくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」

「今年からは自分もサポーターとして色々なスタジアムに行きたいと思っているので、スタジアムで見かけたら『GA−HI−』でも『比嘉さん』でもいいので、声を掛けてくれたら嬉しいです。サッカー3150(最高)!」

「あっ、しゅんさん(中村俊輔選手)いつ引退するか分からないですけど、絶対呼んでね!応援しています!」

2/14(木) 12:28配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00906880-soccerk-socc

写真





続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


武田修宏 大腸ポリープ切除 健康診断で見つかり即処置







1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2019/02/13(水) 21:25:23.94 ID:8lrAV9cf9.net
2/13(水) 20:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000122-dal-socc



 元サッカー日本代表FWでタレント・武田修宏が13日、ブログを更新。大腸にポリープが見つかり、切除したことを明かした。

 この日、1年に1度の健康診断を受けた武田。血液検査、頭のCTスキャン、心電図、心臓エコー、動脈硬化、胃カメラ、大腸カメラチェックを行ったという。

 血液検査後に、2リットルの下剤を飲んで大腸を空にして大腸のチェックをしたところ、「大腸検査中に大腸に5ミリぐらいのポリープが見つかり..その場で切断」と告白。あっという間の処置だったそうで、「何もなかったように無事に終了」と報告した。

 詳細な検査結果は後日になるというが、「定期的に検査は大事ですね」としみじみ。「自分の体はしっかり自分で守らないと。自己管理、自己チェック、病気になってからではなく、予防医学は大切ですね」と検査の大切さを訴え、「健康第一」とつづった。



続きを読む
posted by messi at 15:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする