2020年04月29日

モウリーニョ監督が食料提供 練習場で野菜など栽培「新鮮な果実と野菜を育てています」







1 :久太郎 ★:2020/04/24(金) 11:05:31 ID:j9YGFbXd9.net
トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督(57)が来週から食料提供のボランティアに取り組む。

【写真】厳しい表情で戦況を見つめるトットナム・モウリーニョ監督

23日にクラブ公式ツイッターの動画に登場した同監督が自ら明かした。本拠地のトットナム・ホットスパー・スタジアムは現在、新型コロナウイルス撲滅のためにドライブスルー検査や英国営医療サービス事業NHSの活動拠点、生活困窮者のための食料流通エリアとして開放。同日の英ミラー紙によると、食料の1部の農産物はトットナムの練習場で栽培されているという。

畑の前に立った同監督は「練習場の菜園で、新鮮な果実と野菜を育てています。現在、この食品はスタジアムの流通エリアに運ばれているため、コミュニティー内でもっとも必要としている人々に届けることができます。来週から私はこのパンデミックと戦うために、庭で手伝い、この食物をスタジアムに届けるボランティア活動をします」と宣言した。

コロナウイルスの治療にあたるNHSの医療メンバーにも敬意を表し「私はみんなが元気であることを願っています。最前線のヒーローたちによる素晴らしい仕事に感謝したいと思います」と口にしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-24240131-nksports-socc



続きを読む
posted by messi at 10:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


“大黒様”に決められた劇的ゴール。若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。







1 :アレ浦和 ★:2020/04/24(金) 07:36:29 ID:tDAGzxPh9.net
「大黒様! 日本救ったロスタイム弾!」

スポーツ新聞一面を飾ったこの大きな見出しが今も忘れられない。

今から15年前の2005年2月9日、ドイツワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表対朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、北朝鮮代表)の試合が、埼玉スタジアムで行われた。“ジーコジャパン”の最終予選初戦の相手は古豪・北朝鮮代表だった。

北朝鮮が国際試合にあまり姿を見せないことから、その実力が未知数であること、謎めいていることで“ダークホース”と表現する記事が多く散見された。

この頃から北朝鮮サッカー界にも徐々に変化が訪れてきており、当時の顔ぶれにはロシアのFCロストフなどでプレーしたホン・ヨンジョのほか、在日コリアンJリーガーの安英学(当時名古屋グランパスエイト)と李漢宰(当時サンフレッチェ広島)がメンバー入りしたことで、それなりに力はあったはずだ。
同じ在日である筆者も、特に安英学と李漢宰の2人には活躍を期待せずにはいられなかった。

◆北朝鮮の希望を打ち破った大黒投入。
だが、試合会場は北朝鮮にとって完全アウェイの埼玉スタジアム。
その雰囲気に飲まれるかのように北朝鮮は開始早々の前半4分にMF小笠原満男に直接FKを決められた。

当時のFIFAランキングでは日本19位、北朝鮮97位。実力通りの結果になりそうな気配を感じつつ、「そう簡単に日本には勝てないか……」と思っていた。

だが、戦況は一変する。

北朝鮮は球際の激しさ、豊富な運動量で日本に追加点を許さない。それどころか、決定的なチャンスを幾度か演出し、日本ゴールを脅かす。

「これはもしかして……」

予感めいた閃きは現実となった。

61分、左サイドからDFナム・ソンチョルが左足を振り抜いて同点ゴールを決める。
日本に在住する在日コリアンの大応援団が歓喜に沸く。記者席すらも完全アウェイの中、筆者は周りの空気を読めずに立ち上がって喜んでしまった。

1−1の同点のあと、ベンチに座るジーコ監督には焦りが見え始めていた。
途中からFW高原直泰、MF中村俊輔をピッチに投入するも、ゴールを奪えない時間が続く。
残り約10分。ここでジーコ監督は最後の切り札を使う。投入されたのは、FW大黒将志だった。

◆映画のワンシーンのような幕切れ。

このまま引き分ければ、北朝鮮にとっては大金星と言えただろう。一方で日本が格下の北朝鮮にホームで引き分けや負けは許されなかったに違いない。

緊迫する中で迎えた後半アディショナルタイム。このまま終わってくれと心の中で祈りつつ戦況を見守ったが、最後の最後で悪夢が待っていた。

右サイドから小笠原が上げたクロスをGKがパンチングではじく。こぼれ球をMF福西崇史が前にはたくと、そこにいたのが大黒。振り向きざまに左足で合わせると、あたりそこねたものの、ボールはゴールに吸い込まれた。

大黒の劇的なゴールによる、映画のワンシーンのような幕切れ――。ピッチに倒れこむ北朝鮮選手の姿を茫然と記者席から眺めつつ、一方で日本サポーターの歓喜と熱狂ぶりを目に焼き付けたものだった。

翌日の“大黒様”のスポーツ紙の見出しが目に飛び込んでくる。日本のピンチを救った大黒を七福神の“大黒(だいこく)様”にかけていることに、「うまいこと言うな」と思いつつも、気分が晴れることはない。

>>2以降に続く

2020/04/20 12:00
Number
https://number.bunshun.jp/articles/-/843240?page=1



続きを読む
posted by messi at 07:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2020年04月28日

<Jリーグ>判断のメドは最短5月23日!村井チェアマン、6月・7月をベースに8月までの再開を想定...







1 :Egg ★:2020/04/23(Thu) 23:34:11 ID:66uXnS339.net
Jリーグは23日、第6回臨時合同委員会を開催し、その後のウェブ会見で村井満チェアマンがリーグ戦再開スケジュールに関する見通しを明かした。

新型コロナウイルスの影響で、J1、J2は2月に開幕節を迎えたあと中断。4月25日にJ3、5月2日にJ2、5月9日にJ1と段階的な再開予定が立てられていたが、リーグは4月3日、いったんこれを「白紙」とし、1カ月以上後ろ倒しすると発表していた。

政府は今月4日に、5月6日までの緊急事態宣言を発出しているが、この日午前中に行われたJリーグとNPB(日本野球機構)による第6回新型コロナウイルス対策連絡会議では、専門家チームから「緊急事態宣言がある中で再開は難しい。また緊急事態宣言が明けた翌日(7日)から解除されるということではない」といった指摘を受けていた。

再開日程に関して村井チェアマンは「日程プロジェクトがクラブの現場と話し合いながら進めていくことが前提条件。早計な話はできない」としつつ、「当初J1は5月9日に再開する予定だった。そこから1カ月以上離して再開するとすれば、6月13日が最短になる。しかし、場合によっては7月にズレることも織り込まなくてはいけない」とする。

最短6月再開への判断は、5月23日がメドとなる。「例えばイングランド・プレミアリーグは3週間の練習期間を提供すると約束した。とすれば、このあたりに再開するかしないかを最低限伝えなくてはいけない」。選手会からも意見を募り、練習期間をこれより長く取る必要があれば、「もっと早い判断」が必要だとする。

同時に、村井チェアマンは「8月再開」でもある程度のメドが立っていると話した。「6月、7月再開をベースにして動かしている。8月再開になると、ルヴァンカップの大会方式が大幅に変わる可能性があるが、リーグ戦は可能。どこまで後ろ倒しできるか複合的な要素となるが、いくつかのパターンのシミュレーションを行っている」という。

また、「無観客試合」の可能性についても言及した。従来は、「50%の観客削減中心に考えており無観客試合を想定していなかったが、緊急事態宣言がこの期間で終わらない可能性も出てきた」ため具体的なシミュレーションを進めていくという。

コロナウイルス禍が収束する気配は見えないが、政府の動向を注視しつつ、様々な可能性を模索しながら調整を行っていく。

4/23(木) 20:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010026-goal-socc

写真





続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(12/09)<DF冨安健洋(アーセナル)>英紙「アーセナル復活の功労者」と高く評価!「ミスター・コンシステント」
(12/09)<菅原由勢(AZ)>'抜群の“守備力”を見せるサムライがオランダにいる!地上戦勝率(70.15%:リーグDF中2位)
(12/09)<同性愛者>「カタールでは同性愛者が死刑になるという記事を読んだ。とても怖くて、カタールに行きたいとは思わない」
(12/09)<J1昇格・京都サンガ>オランダ出身DFヨルディ・バイスが2契約満了となったことを発表!「なぜだ」「嘘だろ」「ショック」
(12/09)<なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない?>「サッカーには昇降格制度がありますが、野球はありません」★2
(12/08)<三笘薫>“イブラ級”アクロバティック弾に海外仰天「ズラタン・ミトマ!」と絶賛.. 日本人アタッカーの株は急上昇
(12/08)<カタール・ワールドカップ>オミクロン株急拡大で延期や無観客開催の可能性!海外メディアが報道...
(12/08)<DF伊藤洋輝>香川、遠藤に続く《日本の宝石》に大騒ぎ! 188cmの大型レフティーがここまで当たると誰が予想した?
(12/08)森保監督、スタメンは「動けるか、機能できるか確認して起用している」
(12/08)磐田FW大津、優勝シャーレを掲げる際の”制度”に呟き 「みんなで掴み取ったタイトルだからこそ…」
(12/07)<ベネズエラ代表>名将ペケルマン監督が就任! W杯出場への切り札として指名
(12/07)<徳島ヴォルティス>問題行為のサポーターに無期限入場禁止処分…湘南戦での追悼セレモニー中に心ない発言
(12/07)<Jリーグ>ホームタウン離れに直面!“地元にいない”サポーターとクラブの距離は埋められるのか?今では57クラブまで拡大
(12/07)<オフサイド判定でついに?AI審判?を導入>選手の手足にセンサー装着!W杯本大会でも採用される見通し
(12/07)<中島翔哉>ポルトガル紙が復調ぶりを称賛!「小さな日本人の魔術師ぶりは健在」「キャリア最高の瞬間を彷彿」
(12/07)<ネイマール>負傷退場後にパーティー参加で大波紋! 全治6〜8週間と診断...
(12/06)<セルティック>旗手怜央の加入で条件合意と現地報道!スコットランドへの入国に影響が出るリスクを心配..
(12/06)<日本代表>テレビ局も代表離れ、完全撤退も検討か ?決定的だったのが、膨大に膨れ上がった放映権料★2
(12/06)<新生なでしこジャパン>初勝利逃すも世界4位オランダと敵地でドロー!攻守にアグレッシブな姿勢随所に
(12/06)<闘莉王>大谷がサッカーの道を選んでいたら?「問題はアジリティ。サッカーは一定の動きだけではないので」 ★4