2020年04月01日

<香川真司がブログで“伝えたいこと”>「他人事だと思わないで。東京の映像を見ても、危機感が少し薄いように思えます」







1 :Egg ★:2020/03/28(土) 05:24:56 ID:cfuPfQlm9.net
サラゴサのMF香川真司は27日、自身のブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新。新型コロナウイルスについて私見を述べた。

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスだが、現在は欧米での感染者・死者数が急増。香川が住むスペインでも外出禁止令が出て、2週間が経過している。香川はブログ内で「今はチームの練習もなく、自宅で過ごす日々。ピッチの上でボールは蹴れませんが、練習場が自分の家になっただけで、それ以外はいたって普通のリズムで生活しています」と近況を報告している。

 試合が再開されるときを心待ちに「これまでよりもいい状態になっているはず。その時に身体がどう反応するかも楽しみです」と語りながらも、その再開の目途が立たないことに「どこに目標を持っていけばいいのか?もちろんストレスがたまる部分もありますが、こういう時に人間力、精神力が試されるのかとも思います」と胸中を明かした。

 また、東京オリンピック延期にも言及。「このタイミングで延期が決まるというのはアスリートにとって、本当に大変なことだと思います」と選手たちの気持ちを汲みつつ、「ただ、もう決まったことですし、今の状況を考えれば仕方がない部分もある」と諭す。「これをどれだけ前向きに捉えて取り組めるか。そういう選手がまた上まで上がっていくでしょうし、あと1年強化できるとプラスに考えてやっていくしかないと思います」と述べた。

 来年に延期された五輪に向けて「大会後、あの1年があったからメダルを取ることができた、と振り返られるアスリートがひとりでも多く出てくれば、それは最高のストーリーになる。ぜひ、このピンチをチャンスに変えて、前向きな思考で進んでほしいですね」とエールを送った。

 欧州では未曾有の事態を乗り切るため、全体が一致団結していると実感を語る香川。しかしそれでも増え続ける感染者に「だからこそ、楽観視せずに日々の予防や危機感を持ち生活して行く必要があると思う」と改めて予防を心掛けることを誓った。

 その上で日本の現状に少しだけ苦言も。「日本の皆さんも日々大変なことかと思います」と語りながら「でも他人事だと思わないでほしい。東京の映像を見ても、危機感が少し薄いように思えます」と指摘。「個人個人が出来ること。それを考え、行動に移すべきだと思います。苦しい時ですが、みんなで乗り越えていきましょう」と訴えた。

 また自身のツイッター(S_Kagawa0317)では、改めてブログで発信した理由も語っている。「3週間前にスペインがこんな被害にあうとは誰もが思っていなかった。なぜなら、中国での出来事だから関係のない話だと思っていた」と当時を振り返る。

 しかしその後、短期間で状況が一変。それを間近で感じた香川は「ただ、その時と今は全く違う話になった。個人の意識で予防する事で変われる事もある。感染者が少ないうちに出来る行動を、ぜひ考えてほしい」と静かに強調している。

3/27(金) 23:54ゲキサカhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-43479247-gekisaka-socc

写真





続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


甲府の助っ人FWラファエルが“コロナ禍”でも帰国しなかった理由を告白!「9年前の大地震を経験した時に…」







1 :伝説の田中c ★:2020/03/27(金) 21:12:42 ID:jYEudIGZ9.net
 現在、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、深刻化している欧州をはじめ各国のリーグが中断。Jリーグも延期の措置が取られ、3月19日には今シーズンのレギュレーションとして降格がないことが発表されるなど、文字通り異例の事態となっている。

 そうした状況下にあって、海外からやってきた助っ人選手たちの心労は想像に難くないが、ヴァンフォーレ甲府のブラジル人FWラファエルは、ブラジル・メディア『Esporte Interativo』の取材で、日本の現状について語っている。

 2009年8月から約3年半に渡って大宮アルディージャでプレーした経験を持つラファエルは、今シーズンから甲府に加入。J1昇格に向けた切り札として、2月23日に行なわれたFC町田ゼルビアとの開幕戦(0-0)に先発出場し、新天地でのデビューを飾っていたが、その直後にリーグは中断。イレギュラーな船出となった。

 巷ではマスクやトイレットペーパーなどが売り切れるなど、私生活にも新型コロナウイルスの影響が及んでいるが、ラファエルは同メディアの取材に「選手同士で会う時も、凄かった時は物理的な接触は避けるように言われた」とクラブからの忠告内容を明かし、さらにこう続けた。

「少しずつ良くなってはいるんだ。でも、トレーニングが終わったら、本当に必要なものを買うとき以外は、家にいるようにしている」

 それでも「ブラジルに戻ることは考えなかった」というラファエルは、今から9年前に東日本大震災を経験したからこその想いを告白した。

「2011年に日本で大きな地震が起こったとき、僕はこの国で自然の大災害を経験したんだ。だけど、日本人はその時も常に他人と連帯していたのを目にした。あの大きな津波が起こった後、6か月後には全てが正常で、順調に回復していた。

 日本人はお互いに助け合い、非常時にも他人のことも考えられる素晴らしい連帯の心を持っている。どんな時もお互いの役割を把握し合っているんだ。だから今回の新型コロナウイルスがピークだった時も、僕はブラジルに帰ろうとは思わなかった。もちろん、まだリスクはあるし、注意は払い続けているよ」

 日本へのリスペクトを口にした36歳のストライカーは、さらにこうも続けている。

「本当はもっと前に日本へ戻りたかったんだ。僕はこの国に対して明確な愛情を持っているからね。僕はあの大惨事を経験した時に、プロとして、人として、本当に多くを学ばせてもらった。一人の人間として、僕はここに戻ってこられて嬉しく思う。その扉を開いてくれた甲府には感謝したい」

 いまだJリーグは、正式な再開の目途は立っていないが、日本への熱き思いを語ったラファエルのプレーに注目したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200321-00010002-sdigestw-socc



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Jリーグ、今季の成立条件は“全体で75%”と“各クラブが50%”の試合消化







1 :久太郎 ★:2020/03/27(金) 18:25:18 ID:QjGLG5oU9.net
 Jリーグが27日、臨時実行委員会を開き、J1からJ3までの各リーグ戦が成立するための条件について合意をとった。

 まず、必要条件となるのは以下の2点。

(1)全体の総試合数が75%消化されること

(2)全クラブがそれぞれ50%以上を消化すること

 上記の2点が満たされない場合は、そのリーグ戦は不成立となり、順位決定、昇格、賞金、表彰などはなくなる。例えばJ1(18チーム)の場合、総試合数が9×34=306なので、230試合以上が消化され、全クラブが17試合以上を消化した場合となる。

 また、リーグ戦が成立したとしても、新型コロナウイルスの影響で各チームの消化試合数がそろわない可能性がある。

 例えば、仮に勝率で順位を決定するとしたとして、同じ勝率9割でも18勝2敗と、27勝3敗では、消化試合数が10試合違うことを考えれば、その重みも変わってくるのではないか、という意見が考えられる。

 そのため、消化試合数がそろっていない時の順位決定方法については、検討中の段階だとした。

 なお、今季はJ2からJ1への昇格をかけたプレーオフは行わないことでも合意した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000100-dal-socc



続きを読む
posted by messi at 15:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


中国で半年を過ごしたエル・シャラウィ「イタリアに戻りたい…」







1 :朝一から閉店までφ ★:2020/03/27(金) 13:08:08 ID:B0CZmF659.net
2020/03/27 11:50

Text by
編集部K


ミランやローマで活躍し、昨年夏に中国超級リーグの上海申花へと移籍していったイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィ。

かつて「神童」と呼ばれた彼であるが、20代なかばでようやく大ブレイク。2018-19シーズンにはこんな素晴らしいプレーの数々を見せていた。


しかし、中国移籍後は怪我にも悩まされ13試合の出場にとどまっており、新型コロナウイルスの影響で今季は試合自体が延期されている。

彼は『Sky』に対して以下のように話し、イタリアに戻りたいという意思をはっきり語ったという。



"
ステファン・エル・シャラウィ

「新型コロナウイルスの状況は改善しているよ。再び活気づき始めた。我々は素晴らしいことをしているよ。全世界へのメッセージになる。

僕の家からも、通りには人の姿が見えるようになってきた。最も悲劇的なときには、全地域が封鎖されていたけどね。

今回の状況で、僕はクラブとともに解決策を見出そうとしていたよ。リーグは延期されていたし、どれだけ中断されるかはわからなかった。

EURO2020に出場することを目指したかった。代表でプレーしたかったから、足を止めるのは生産的なことではなかった。

ただ今のところ僕は上海申花の選手であり、このチームでのパフォーマンスについて考えなければならない。

ただ、ローマがとても懐かしいよ。イタリアに戻っていたとき、家族の一員になったように感じた。イタリアが恋しい。両親も懐かしい。

幸運にも、代表チームのおかげでイタリアへ頻繁に戻ることはできたし、連絡が途切れることはなかったけどね」
"



EURO2020は延期されることになったが、もし来年夏にイタリア代表でプレーしたいなら…近いうちに何らかの決断が必要になるかもしれない。
https://qoly.jp/2020/03/27/el-shaarawy-wants-to-return-to-italy-kgn-1



続きを読む
posted by messi at 12:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バルセロナの選手が70%減給を拒否。交渉決裂なら一時雇用調整を行使か?







1 :久太郎 ★:2020/03/27(金) 12:00:36 ID:QjGLG5oU9.net
 バルセロナから提案された最大70%の減給に対し、同クラブに所属する選手たちが拒否する姿勢を見せた。26日にスペイン紙『アス』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染者数はスペイン国内で増えており、感染拡大を防ぐためにリーガエスパニョーラの試合は無期限延期となった。試合を開催できないことにより、収入を確保できないクラブは経済的打撃を受けている。

 同紙によると、バルセロナの理事会とキャプテンが減給について話し合ったという。しかし、最大70%の減給という提案に選手側が難色を示したようだ。合意には至らなかったが、まだ交渉を続けていく見通しだ。なお、交渉が決裂した場合は、バルセロナが一時雇用調整(ERTE)を適用するという。

 一時雇用調整とは、完全解雇ではなく一時的に解雇するというもの。そして、市場が回復した後に復職を約束するものである。理事会はクラブの経済的緩和をするために必要だと考えており、それほど深刻な経済的打撃を受けているのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00368482-footballc-socc



続きを読む
posted by messi at 10:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(12/09)<DF冨安健洋(アーセナル)>英紙「アーセナル復活の功労者」と高く評価!「ミスター・コンシステント」
(12/09)<菅原由勢(AZ)>'抜群の“守備力”を見せるサムライがオランダにいる!地上戦勝率(70.15%:リーグDF中2位)
(12/09)<同性愛者>「カタールでは同性愛者が死刑になるという記事を読んだ。とても怖くて、カタールに行きたいとは思わない」
(12/09)<J1昇格・京都サンガ>オランダ出身DFヨルディ・バイスが2契約満了となったことを発表!「なぜだ」「嘘だろ」「ショック」
(12/09)<なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない?>「サッカーには昇降格制度がありますが、野球はありません」★2
(12/08)<三笘薫>“イブラ級”アクロバティック弾に海外仰天「ズラタン・ミトマ!」と絶賛.. 日本人アタッカーの株は急上昇
(12/08)<カタール・ワールドカップ>オミクロン株急拡大で延期や無観客開催の可能性!海外メディアが報道...
(12/08)<DF伊藤洋輝>香川、遠藤に続く《日本の宝石》に大騒ぎ! 188cmの大型レフティーがここまで当たると誰が予想した?
(12/08)森保監督、スタメンは「動けるか、機能できるか確認して起用している」
(12/08)磐田FW大津、優勝シャーレを掲げる際の”制度”に呟き 「みんなで掴み取ったタイトルだからこそ…」
(12/07)<ベネズエラ代表>名将ペケルマン監督が就任! W杯出場への切り札として指名
(12/07)<徳島ヴォルティス>問題行為のサポーターに無期限入場禁止処分…湘南戦での追悼セレモニー中に心ない発言
(12/07)<Jリーグ>ホームタウン離れに直面!“地元にいない”サポーターとクラブの距離は埋められるのか?今では57クラブまで拡大
(12/07)<オフサイド判定でついに?AI審判?を導入>選手の手足にセンサー装着!W杯本大会でも採用される見通し
(12/07)<中島翔哉>ポルトガル紙が復調ぶりを称賛!「小さな日本人の魔術師ぶりは健在」「キャリア最高の瞬間を彷彿」
(12/07)<ネイマール>負傷退場後にパーティー参加で大波紋! 全治6〜8週間と診断...
(12/06)<セルティック>旗手怜央の加入で条件合意と現地報道!スコットランドへの入国に影響が出るリスクを心配..
(12/06)<日本代表>テレビ局も代表離れ、完全撤退も検討か ?決定的だったのが、膨大に膨れ上がった放映権料★2
(12/06)<新生なでしこジャパン>初勝利逃すも世界4位オランダと敵地でドロー!攻守にアグレッシブな姿勢随所に
(12/06)<闘莉王>大谷がサッカーの道を選んでいたら?「問題はアジリティ。サッカーは一定の動きだけではないので」 ★4