2020年05月28日

「日本に行くアイデアが好き」 日系ブラジル人の逸材MF、Jリーグ参戦に意欲? 現地が注目 [砂漠のマスカレード







1 :砂漠のマスカレード ★:2020/05/22(金) 11:58:51 ID:XYebW5j99.net
20歳の日系ブラジル人MFオーヤが母国メディアでインタビュー「僕の父の祖父母が日本人」

20歳の日系ブラジル人MFファブリシオ・オーヤは今季コリンチャンスからオエステFCに期限付き移籍した。世代別ブラジル代表で背番号10番を託された逸材は母国メディアのインタビューに応じ、Jリーグ参戦への意欲を示している。

 日系ブラジル人である本名ファブリシオ・ケイスケ・ホドリゲス・オーヤは名門コリンチャンスの下部組織で育ち、プロデビューしてからサンベントに期限付き移籍し、今季もレンタルという形でオエステが新天地となった。

日本代表も参加した2017年の第45回トゥーロン国際大会では、オーヤはU-20ブラジル代表で背番号10番を務めた。次世代のセレソンを担うことが期待されている逸材に対し、ブラジルメディア「UOL」のインタビューを敢行している。

 記事では、「オエステと契約する前に、日本サッカー界から調査が入った。オーヤは日本人のひ孫にあたり、日本語もほんのわずかな単語しか流暢に話すことができないが、移籍の可能性を歓迎している」と、オーヤの日本についてのコメントを紹介している。

「僕は、日本に行くアイデアが好きだ。日本は僕に宿る文化の起源だから。僕の父の祖父母が日本人であるため、日本の文化に馴染みがある。適応に関しても、そこまで難しいことではないと思う。親戚もまだ日本にいるからね」

 これまでもJリーグで数多くのブラジル人が助っ人外国人として活躍してきたが、日本の文化を知るオーヤが日本サッカー界に参戦する未来がやってくることがあれば注目が集まりそうだ。




5/22(金) 6:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200522-00263055-soccermzw-socc



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


映画とフットボールをつなぐ音楽界の巨匠 ハンス・ジマーの世界 [THE FURYφ







1 :THE FURYφ ★ :2020/05/22(金) 11:26:42 ID:POLUk2YA9.net
自粛生活のため自宅で映画を見る機会も増えたはずだ。だからこそつくづく思うことがある。映画とフットボールは
似た者同士だと。どちらも監督が必要だし、どちらも熱烈なファンによって支えられている。そしてもう1人、どちらにも
欠かせない存在がいる。そう、ハンス・ジマーである。

映画好きの方には説明不要だと思うが、彼は映画音楽界の偉大な作曲家だ。誰もが一度は彼の曲を耳にしているはずだ。
アカデミー作曲賞とゴールデングローブ賞を受賞した1994年公開の『ライオン・キング』のテーマ曲の他、これまで
数え切れないほどの名作で音楽を手がけてきた。

『レインマン』『恋愛小説家』『クール・ランニング』『グラディエーター』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『シャーロック・ホームズ』
『ラストサムライ』『バットマン ビギンズ』など、挙げ始めたらきりがない。

そんな映画音楽界の巨匠は、サッカー界にも音楽を提供している。今年2月、アメリカのMLS(メジャー・リーグ・サッカー)が
発足25周年を記念してアンセムを発表したのだが、それを手がけたのがジマーだった。

完成した音楽についてスポーツ情報局『ESPN』は、リドリー・スコット監督の『グラディエーター』やクリストファー・ノーラン監督の
新生『バットマン』シリーズといった、壮大な映画に欠かせないジマーらしい音楽要素が取り込まれていると称賛する。

実際に聞いてみると、確かに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の戦闘シーンで流れてもおかしくないような迫力あるベースドラム
が印象的だ。「サッカー以上に人の心を動かすものはない」とジマーは語る。「MLSアンセムの楽曲はスリリングな挑戦であり、
とても光栄なことだった。MLSの精神とそのサポーターにふさわしいアンセムを作曲した」

ジマーがフットボールの音楽を手がけるのはこれが初めてのことではない。ビデオゲーム『FIFA 19』の音楽に携わったことがあるし、
何より2018年ワールドカップ・ロシア大会で公式テーマ曲を制作している。大会期間中は日本のTV放送のオープニングでも必ず
流れていた曲なので、聞き覚えはあるはずだ。

そんなジマーだが、実は正式に音楽を習ったことはないという。ドイツ生まれのジマー(本来の発音は“ツィマー”であるべきか)は、
10代で英国に渡って高校を出ると、音楽バンドでキーボードやシンセサイザーを担当して下積み生活を送った。世界的に大ヒットした
バグルスの『ラジオ・スターの悲劇(Video Killed the Radio Star)』(1979年発売)では、サポートメンバーとしてキーボードを
演奏したそうだ。

そうやって独学で音楽の才能を磨き、現在の地位にまで上り詰めたジマーは、自身の学歴について過去のインタビューで
こう語ったことがある。

「音楽学校や大学を出ていないことで、新しい映画に取り組む際には勉強が必要になる。大変なことだが、それが楽しいのさ。
『ダ・ヴィンチ・コード』に取り組んだ際には、1年ほどかけてダ・ヴィンチや絵画について学んだんだ」

そんな飽くなき探求心で数々の名曲を生み出してきたジマー。今後も銀幕の世界はもちろん、スポーツ界にも美しい楽曲を
提供してくれることだろう。

ちなみに、MLSはジマーの公式アンセムが収録されたアルバムのジャケットデザインを5月24日まで公募している
(アメリカ在住者のみ対象)ので、興味がある方は応募してみてはどうだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200522-00010000-fballista-socc



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<サッカー関係者54人が選んだ「Jリーグ歴代ベスト11」の最強メンバーは?>最多得票は日本が誇る司令塔! [Egg







1 :Egg ★:2020/05/22(金) 07:31:57 ID:yRev5ljn9.net
投票数の多い順にポジション別に振り分け!



赤く囲っているのが「BEST OF BEST PLAYER」。Jリーグの歴史を築いた名選手がそろい踏み!(C)SOCCER DIGEST

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、Jリーグ26年の歴史を振り返る『Jリーグ歴代ベストイレブン』企画を実施。現役選手、元日本代表、サッカーを愛するタレントなど、50名にアンケートを行ない、2019年までに登録された全Jリーガーの中でそれぞれが思う“マイベストイレブン”を決めてもらった。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら24名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!
https://www.soccerdigestweb.com/topics_detail9/id=72536&repeatCnt=1

 本稿では、サッカーダイジェストWebのみで公開した田中達也、永島昭浩氏ら4名を含めた総勢54名のベストイレブンを集計し、投票数の多かった選手・監督で「ベスト・オブ・ベストイレブン」を作成。主な選定者のコメントとともに紹介していく。なお、ベストプレーヤーは投票数が最も多かった選手としている。

――◆――◆――

GK
●楢崎正剛(元名古屋ほか)……24票
【主な選定者コメント】
「ピンチの時のビッグセーブが印象深かった」(森重真人/FC東京)
「J1最多出場記録は偉大だし、超人的なセーブも印象的。『正剛(セイゴウ)』という名前も良い」(ペナルティ・ワッキー/タレント)
「J1最多631試合の出場を誇る。2010年に名古屋が初優勝した時、リーグで2番目に多い被シュート数も失点は3番目に少ない数字だった」(二宮寿朗/スポーツライター)

DF
●井原正巳(元横浜Mほか)……17票
【主な選定者コメント】
「“アジアの壁”、プレーも熱い!自分がレンタル福岡に移籍していた時の監督が井原さんで、前からのプレッシングなど守備のやり方を叩き込まれました」(仲川輝人/横浜)
「1歳下の井原とは一緒に戦ってきてその凄さを見てきた。代表のキャップ数は歴代2位タイの122試合。この実績が能力の高さを証明している」(福田正博/解説者)
「Jリーグ史上最高のDF。図抜けたフィジカルと集中力、そして対人プレーの圧倒的な強さ。絶対的な信頼を寄せられる名手だ」(マイケル・プラストウ/英国記者)

●田中マルクス闘莉王(元名古屋ほか)……32票
【主な選定者コメント】
「DFとして必要な要素をすべて持っているし、攻撃センスも抜群」(小野伸二/琉球)
「浦和と名古屋でチームを優勝に導き、そのプレースタイルは唯一無二」(岩政大樹/解説者)
「主にDFだが、J1通算75得点。FW顔負けの歴代31位である。得点力の高さに改めて驚かされる」(清水英斗/サッカーライター)

●中澤佑二(元横浜ほか)……25票
【主な選定者コメント】
「史上最高のCBだと思っている。空中戦と1対1の強さ、判断の確かさ、危機管理能力、守備組織のオーガナイズなど、守備者として必要なものを持ち合わせていた」(出嶋 剛/共同通信社)
「高さが特徴で、スピードや強さも備えているセンターバック。鉄壁の守備を整えるうえで、欠かせない選手」(田中達也/新潟)
「空中戦に強く、安心感がある」(大久保嘉人/東京V)

つづく

5/22(金) 5:30 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/908f9fda765d0a5f6d1e36556fdfd92b46ff74d8



続きを読む
posted by messi at 10:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/20)<中島翔哉>文句なしのゴールをゲット! 密集地帯を切り裂いた一撃..完璧に合わせた!
(01/20)<南野拓実(リバプール)>決定機逸に海外メディア反応!「『最悪のミス』とファンを驚かす」「外すほうが難しい」
(01/20)<カントナ氏>カタールW杯観戦ボイコットを宣言!「本物ではない。そこにあるのは金だけ」
(01/19)<青森山田>?強すぎ?問題...日本サッカー協会の反町技術委員長が他校の奮起促す「一人勝ちは面白くない」 ★2
(01/19)<12億円当せん者は?>メガビッグ1等払い戻し期限迫る 大分県佐伯市のローソンで販売
(01/19)<神戸・三木谷会長>政府のコロナ対策に苦言連投!「水際対策強化、隔離政策は経済にマイナスなだけ」
(01/19)川島永嗣、新型コロナウイルス検査で陽性…先日今季リーグ戦初出場でクリーンシート勝利に貢献
(01/19)<神戸・三木谷会長>W杯予選後、国内組14日間隔離「頭おかしいんじゃないの」「移動の自由、人権、営業権の侵害だ」 ★2
(01/19)<J2・V・ファーレン長崎>ジャパネット創業者・高田氏寄贈の「国内最大級」新車バスに驚き「豪華」
(01/18)<パリサンジェルマン>メッシ加入で真っ二つに割れて内紛が勃発!「エムバペとネイマールも関係は近くなくなった」
(01/18)<ベガルタ仙台>アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト(ロサリオ・セントラル)の加入内定を発表!「大補強じゃないか!」
(01/18)<選手権王者・青森山田の“勝利への執念”>海外注目「漫画でしか見たことがない」
(01/18)<青森山田>?激しすぎる?プレーが波紋!「なんでイエローがでないのか?」「ラフプレーが多すぎる」 ★3
(01/18)<カズ>関東第一の出場辞退に「何とかならないんですかっ!」と訴え!
(01/18)「香川真司ブランド」にアジア各国が熱視線 ベルギー紙は「商業的ヒット」と報道
(01/17)<鎌田大地(フランクフルト)>芸術ゴールをドイツメディア絶賛!単独最高評価「極上のフットボールアート」
(01/17)青森山田のMF松木玖生は本田圭佑の “後継者”! 武田修宏氏が驚きの育成プランを提案
(01/17)<サンプドリアの日本代表DF吉田麻也>右太ももの負傷で全治1カ月と診断...W杯アジア最終予選出場厳しく
(01/17)<青森山田エース松木玖生>試合前に優勝確信!「これはもう勝ったなと」
(01/17)<B・ラウドルップ氏> セルティック新加入の日本人トリオの早期活躍は「酷」