2020年06月30日

<FW鈴木優磨>中東から300万ユーロの獲得オファー? 「ドイツやフランスからも興味」 [Egg







1 :Egg ★:2020/06/23(火) 19:55:38.50 ID:eLuMRAUK9.net
ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属するFW鈴木優磨に対する獲得オファーが届いたようだ。地元紙『Het Laatste Nieuws』が報じた。

報道によると、鈴木に対してSTVVに届いた獲得オファーは300万ユーロ(約3億6000万円)程度。クラブ名は明かされていないが、オファーの事実は認められたとのこと。『Het Laatse Nieuws』では「オファーは事実。(オファー額は)300万ユーロ前後となる。だが、追って報告するまでクラブ名は明かしたくない」とSTVVの関係者がコメントしたと伝えられている。

また、同メディア曰く、オファーを提示したのは中東のクラブの模様。同関係者は「ドイツやフランスのクラブを含むいくつかのクラブが興味を示しているから」と具体的にクラブ名を明かさない理由を説明したという。

鈴木は昨夏に鹿島アントラーズから日本企業DMM傘下のSTVVに加入。コロナ禍の影響で打ち切りとなった新天地での初シーズンは負傷で出遅れたものの公式戦25試合に出場し、7ゴールをマークしていた。

6/23(火) 18:19GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/36b779b85218676c4b02f95cdceb12f03fbaa62d

写真





続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


#“皇帝”アドリアーノ(38)が22歳の美人女子大生と結婚も10日で離婚、インスタの写真も削除 [砂漠のマスカレード







1 :砂漠のマスカレード ★:2020/06/23(火) 15:26:44.37 ID:5s1CRJC89.net
かつては皇帝とも呼ばれた元ブラジル代表FWアドリアーノ(38)だが、幸せは10日しか続かなかったようだ。

現役時代はいフラメンゴやインテル、パルマ、サンパウロ、ローマ、コリンチャンスなどでプレーし、2016年5月に現役を引退したアドリアーノ。全盛期はパワーとスピード、テクニックを備え、インテルでエースとして活躍。また、ブラジル代表としても2006年のドイツ・ワールドカップに出場していた。

しかし、ピッチ外でもその怪物ぶりは発揮され、夜遊びや乱闘、アルコールに溺れ、徐々にパフォーマンスが低下。さらにはうつ病や、私生活の乱れなど荒れた生活を送っており、全盛期の短さも相まって、サッカーファンには記憶に残る選手となった。

そんなアドリアーノは、6月11日に22歳の医学生であるビクトリア・モレイラさんと婚約を発表。仲睦まじい写真も投稿されていた。

しかし22日、アドリアーノは自身のインスタグラムを更新。独身であることを発表し、2人の写真も削除。わずか10日で婚約期間が終えることとなっていた。

6/23(火) 12:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200623-00376610-usoccer-socc










続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<DF冨安健洋>ユヴェントス戦フル出場!最高評価「C・ロナウドをよく抑えた」「ボローニャのMVPは彼」 [Egg







1 :Egg ★:2020/06/23(火) 13:45:36.99 ID:muMwi6MC9.net
写真



22日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『レプブリカ』のボローニャ版などが評価を下した。

ボローニャは22日、セリエA第27節で王者ユヴェントスとホームで対戦。22分にステファノ・デンスヴィルがPKを献上してクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、36分にパウロ・ディバラに強烈なミドルシュートで追加点を決められた。ボローニャはこのまま0-2で敗れている。

21歳の冨安は右サイドバックとしてフル出場。35歳のポルトガル人スーパースター、C・ロナウドとマッチアップして奮闘した。イタリア紙のボローニャ版は冨安のパフォーマンスについて及第点の「6」と採点。

「(リッカルド)オルソリーニのサポートも受け、C・ロナウドとのデュエルでは規律のとれたプレーを見せた。相手にチャンスを与えすぎることもなかった」と綴り、ポルトガル代表FWをある程度抑え込んだことを評価した。

また、『ボローニャ・トゥデイ』や『ユーロスポーツ』はチーム内最高評価となる「6.5」を与えて称えた。

前者は「おそらくボローニャのMVPは彼。パフォーマンスは最高とは言えないが、間違いなく良かった」とコメント。後者は「全体的にC・ロナウドをよく抑えていた。開始直後のシーンは別として、それほど簡単にすり抜けさせなかった」との見解を示した。

『トゥット・メルカートウェブ』も同様にチーム内最高点の「6.5」を与え、「C・ロナウド相手には上手く立ち回り応対するしかない。相手のレベルを考慮すれば本当によくやっていた」と賛辞を贈った。

伊メディアの辛口評価も

一方、『メディアセット』や『コリエレ・デッラ・セーラ』は及第点に満たない「5.5」と採点。

辛口の評価となった。前者は「彼のサイドにはC・ロナウドがおり、前半は苦労していた。後半に入り良くなったが、(シニシャ)ミハイロヴィッチは彼に対し、攻撃参加やパーソナリティをより求めている」と課題を提示。後者は、「C・ロナウドのフェイントに何度も引っかかってしまった」と寸評した。

6/23(火) 11:40 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/81770298d6759d20c9d126b5b025a2f3c65fc27a



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(11/28)5選手入れ替えで敗戦の森保監督「ターンオーバーは後悔していません。勝つために必要と考えた」 ★12
(11/28)コスタリカに敗れた日本、決勝トーナメント進出条件は…ドイツが勝てば4チームが並ぶ大混戦
(11/27)ラモス瑠偉氏、生放送で日本代表がW杯で勝つポイントを解説…「前への意識が足りない」「意味のないボール回し」
(11/27)日本−コスタリカ 森保一監督が初戦のドイツ戦に続き君が代で涙
(11/27)日本敗戦、独メディアが楽観「こんな相手に怖がる必要はない」 カナダ戦の逆転負け「すべてに失望」と酷評
(11/27)曲がり幅大きく、GK泣かせ? W杯公式球「アル・リフラ」
(11/27)セルジオ越後氏 日本代表のベスト8進出に疑問符「どうしようもない差がある」(東スポ)
(11/27)明石家さんま 日本がドイツに勝ったことで複雑な思いも…同点弾の堂安にLINEで「やってくれたな」
(11/27)ポーランド、サウジアラビア下し今大会初勝利!レヴァンドフスキW杯初ゴール&シュチェスニーはPKセーブで貢献
(11/26)なぜ青い? サッカー日本代表のユニホーム、赤だった時代も… どれが好き?歴代の日本代表ユニホーム
(11/26)マルセロ、ガラタサライに移籍か…太り過ぎが原因で新天地で輝けず
(11/26)闘莉王氏がFW浅野に「ヘボ!」連呼 森保監督には「メモ意味ない」カナダ戦で猛ゲキ
(11/26)本田圭佑が考えるドイツ戦「布陣は1トップに鎌田、トップ下に久保、右に伊東、左に三笘で」「徹底的にカウンター狙いで」
(11/26)ベルギー代表ルカク、いまだチーム練習に参加できず…カタールW杯開幕2試合は欠場濃厚
(11/26)カタール、ゴール裏のスーパー応援弾が鼓舞! 失点のVAR取り消しで大歓声、相手PK時には威嚇
(11/26)波紋を広げるクリスティアーノ・ロナウドのクラブ非難…ユナイテッドが声明を発表「適切な処置を開始した」
(11/25)FIFAの処分を受け…磐田が来季加入内定の東京国際大FW師岡柊生との仮契約解除を発表、鹿島が同選手を獲得
(11/25)巨人・原監督、森保ジャパンにエール 注目選手の三笘は「異次元」
(11/25)藤枝MYFC、悲願のJ2昇格決定!クラブ史上初の快挙、来季J2は静岡県勢3チームに
(11/25)4年前の「日本、すごいじゃん」を再び…木梨憲武さんが語るW杯