2020年10月30日

柏 異次元のペースで得点量産の要因。チームメイトや指揮官が明かすオルンガの“根底にある凄み”とは?23試合23得点 [砂漠のマスカレード







1 :砂漠のマスカレード ★:2020/10/25(日) 14:54:04.76 ID:CAP_USER9.net
決してゴールを奪うためだけに独りよがりなプレーをしているわけではない
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/81119_ext_04_0_1603595007.webp?v=1603595136

[J1リーグ24節]G大阪2-1柏/10月24日(土)/パナソニックスタジアム吹田

 やはり、この男はただ者ではなさそうだ。

 この日は前半に訪れた数々の決定機を攻撃陣が逃し続けたことが勝点を奪えなかった一因としてあるため、手放しに得点を喜んで評価することは難しいが、オルンガは集中力を高く保ち、強い警戒を寄せてきていた相手守備陣が見せた一瞬の隙を突いた。いとも簡単にゴールネットを揺らすあたりは、ハイペースで得点を重ねている最中のこのエースならでは。80分、ルーズボールに対しクリスティアーノが競り勝ち、江坂任に渡ることを予測すると、素早く裏に抜け出して得意の左足で豪快に沈めた。

 終盤の時間帯での高い集中力と決定力。まさにエースストライカーとしてのゴールだった。これで今季のリーグ戦、23試合に出場して23ゴールと異次元の得点ペースを維持。残り10試合、今季の得点王獲得はさることながら、1シーズンの最多得点記録(36点)更新にも期待がかかる。

 ただ、オルンガという選手を説明するにはゴールという要素だけでは足りない。

 これだけのペースでネットを揺らし続けているわけだから、ゴールや攻撃のことばかりに注目が集まるのはある意味仕方がない。“23試合・23ゴール”という数字のインパクトが大き過ぎるため、そこばかりがフューチャーされることは本人も受け入れている部分はあるだろう。しかし、オルンガはしっかりとした献身性とフォア・ザ・チームの精神を携えており、決してゴールを奪うためだけに独りよがりなプレーをしているわけではない。

以前、ポジションを争うライバルである呉屋大翔がこんなことを言っていた。

「ミカ(オルンガの愛称)が凄いのは、チームとしてやらないといけないことや守備をしっかりとこなしたうえであれだけ結果を残していること」

 チーム全体が組織的に機能することを重んじ、特に守備の部分においては毎試合、相手ごとに、選手ひとり一人にはっきりとした役割を与えるネルシーニョ監督も、オルンガのその姿勢を高く評価。その積み重ねがチームメイトからの信頼やチーム内での立ち位置につながっていると話す。決定力と献身性の両方を持っているのが柏の14番だ。

 そして何よりも、オルンガ自身がよく口にするのは「ハードワーク」の6文字。今季開幕前に行なったインタビューの席でも「どんなときもハードワークをすることは約束する」と言い、前代未聞の超過密日程のなかでどれだけゴールを重ねてもケニア人ストライカーはその要因を「ハードワーク」だと強調する。チームのために走り、仲間のことを思ってプレーすることが、最終的に自分のゴールにつながることを誰よりもオルンガ自身が理解している。

 ゴール前にいるだけ恐怖を与え、左足を振り抜くだけで脅威を及ぼす。そんな圧倒的な存在感を身に付けながら、その根底にあるのが献身性やフォア・ザ・チームの精神、そしてハードワークだと知ると、オルンガの見方もまた変わってくるかもしれない。ただやっぱり、ゴールを決めている姿が最も輝いている瞬間であることは言うまでもないが――。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=81119
2020年10月25日

https://www.youtube.com/watch?v=kSFCusSnhvg
【注目選手プレー集】高い!速い!強い!J歴代最高の得点力を誇るFWオルンガ 2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝
https://www.youtube.com/watch?v=S-OvwWVphB0
1:20 / 3:53
#オルンガ #Jリーグ #DAZN










続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


柏 オルンガ同点弾も競り負け「終わったわけではない 23試合23得点(PK1) [砂漠のマスカレード







1 :砂漠のマスカレード ★:2020/10/25(日) 10:05:03.17 ID:CAP_USER9.net
<明治安田生命J1:G大阪2−1柏>◇第24節◇24日◇パナスタ

柏レイソルがFWオルンガの今季23得点目で同点に追いつくも、ガンバ大阪に競り負けた。2連敗となり、目標の4位以内が遠のいた。

攻め急ぎ逆転負けを喫した前節湘南ベルマーレ戦の反省を生かし、ネルシーニョ監督は、映像と選手との対話を通じ、レイソルらしいサッカーがどういうものかもう一度見直すために時間を割いた。

激しい守備から攻撃にうつる柏らしいサッカーを展開も、再三の好機でネットを揺らせなかったことが敗戦につながった。ネルシーニョ監督は「序盤からレイソルらしい戦いはできた。選手が勝ちたい気持ちを出してくれた」とポジティブに受け止め「リーグが終わったわけではない。目標の4位以内のチャンスも残っている。リーグが終わるまであきらめるわけにはいかない」と目標へまい進する姿勢を口にした。

10/24(土) 19:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201024-20241061-nksports-socc










https://youtu.be/LSDA9447o0Y
ハイライト



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


中島翔哉、今季初先発でアシスト。決勝点演出でポルトの勝利に貢献 [征夷大将軍







1 :征夷大将軍 ★:2020/10/25(日) 08:11:53.25 ID:CAP_USER9.net
ポルト 1-0 ジル・ビセンテ ポルトガル1部第5節

 ポルトガル1部リーグ第5節のポルト対ジル・ビセンテが現地時間24日に行われた。試合は1-0でホームのポルトが勝利した。ポルトのMF中島翔哉は今季初の先発出場でアシストを記録している。ジル・ビセンテのMF藤本寛也は、85分から途中出場した。

 21日のチャンピオンズリーグで今季初出場を果たした中島は、ジル・ビセンテ戦で今季初の先発入り。リーグ戦初出場となる。

 中島は中盤の左寄りの位置に入り、低い位置でボールを触っていった。そのため、なかなかフィニッシュに絡むことができないが、41分の先制点をアシストする。ペナルティーエリア左でパスを受けた中島は、縦に持ちだして左足でクロス。このボールにエバニウソンがダイレクトで合わせてリードを奪った。

 後半に入って68分、中島は惜しい枠内シュートを放つが、相手GKに止められて追加点とはならない。その後も中島は鋭いパスを通すなど存在感を見せたが、味方の退場も影響して79分に交代した。

 その後、ジル・ビセンテは藤本を投入するなどして同点弾を目指すも、10人のポルトが逃げ切りに成功。1-0で試合は終了した。

【得点者】
41分 1-0 エバニウソン(ポルト)

football channe 2020.10.25
https://www.footballchannel.jp/2020/10/25/post394700/



続きを読む
posted by messi at 15:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/24)<J1ベガルタ仙台>手倉森新監督「去年の状況を見て今年やばいと思っている人たちを見返したい」 [伝説の田中c
(01/24)マンU、色覚障害者の人々から苦情続出の理由 [胸のときめき
(01/24)J2京都 DF石櫃洋祐が現役引退「本当に幸せなプロサッカー選手としての15年間でした!」 [爆笑ゴリラ
(01/24)イブラヒモヴィッチ2発!ミランが敵地でカリアリ下して首位キープ [久太郎
(01/24)カメルーン代表が“呪術”で公式戦勝利!? 敵将が仰天の訴えで話題に「不自然にコウモリの死骸が…」 [久太郎
(01/24)森保ジャパンの?元10番?中島翔哉 ポルト→アルアイン?都落ち?決断の思惑 [爆笑ゴリラ
(01/23)サンプドリア、日本代表DF吉田麻也との契約延長発表! 新契約は2022年6月末まで [久太郎
(01/23)内田篤人氏、本田圭佑のダンス動画釈明に「医療してもらっている人に何か思うことはないのかな」
(01/23)京都FWウタカが新型コロナ陽性反応 休暇中ドバイに滞在、空港検査で [爆笑ゴリラ
(01/23)初のJ1指揮も「自信はある」…浦和、リカルド・ロドリゲス新監督が就任会見「楽しみで仕方ない」 [伝説の田中c
(01/23)次戦敗戦ならジダン監督更迭か!? 久保の来季レアル復帰も不透明に [爆笑ゴリラ
(01/23)Jリーグ行きも?元バルサ監督バルベルデ氏の“今後”に現地紙が言及「豪州や日本という魅力的な地域で…」 [久太郎
(01/23)鈴木優磨が圧巻2ゴールで今シーズン通算10得点に到達! STVVがホームでルーベンに快勝 [久太郎
(01/22)Jリーグなどで脳振とうによる交代制度を試行へ [爆笑ゴリラ
(01/22)鳥栖がナイジェリア人FWチコ・オフォエドゥを獲得 [爆笑ゴリラ
(01/22)イニエスタの意味深投稿にファンざわつく…一部では「契約満了?」の声も [ゴン太のん太猫
(01/22)ブラジル2部で試合中に陽性判明→交代に [爆笑ゴリラ
(01/22)川島永嗣、味方のミスでPK与えるも…3試合連続の完封!ストラスブールの3連勝に貢献 [久太郎
(01/21)J1昇格の徳島、ルーキーは“大物”ぞろい!MF大森「イニエスタ選手や三笘選手と対戦したい」 [爆笑ゴリラ
(01/21)冨安健洋がマン・オブ・ザ・マッチ。ボローニャ9試合ぶり白星でイタリアメディア絶賛 [久太郎