2021年03月31日

日テレ実況アナ・中野謙吾「ちょっと上げた左手が冨安に当たったでしょうか…」 ネット「これ立場反対だったら大騒ぎだよね?







1 :Felis silvestris catus ★:2021/03/26(金) 17:50:18.16 ID:CAP_USER9.net
https://sn-jp.com/archives/33988
日韓戦「冨安が韓国選手のエルボーで流血」シーンに「日テレ実況アナへの怒り噴出」の理由

▼記事によると…

・月25日に日産スタジアムで行われたサッカー日本代表による韓国代表との国際親善試合。1年4か月ぶりの国内での試合開催となるシビアな境遇のなか、日本代表は3-0と快勝した。

・観客をザワつかせたのが日本・冨安健洋の「エルボー流血シーン」だ。

・後半23分、プレー停止中の日本のペナルティーエリア内で韓国のイ・ドンジュンの手が冨安に直撃し、冨安は流血。吉田麻也ととも審判に抗議したものの、イ・ドンジュンにカードは出なかった。

・これに日本のネット上では「明らかに故意のエルボー」「冨安が歯を折られた」と騒然。実際に歯が折れているかは判明していないものの、非常に後味の悪いシーンとなった。

・日テレ・中野謙吾アナに怒りの声

「実況を努めた日テレの中野謙吾アナは冨安の流血シーンで『ちょっと上げた左手が冨安に当たったでしょうか』と実況。ネットでは『エルボーを“ちょっと上げた左手”というのはおかしい』『冨安が出血したのを見ていないのか』と怒りをにじませた批判の声が相次いでいました。たしかに映像を見返すとイ・ドンジュンのラフプレーを咎めるべきシーンだったと感じます」(テレビ関係者)

2021年3月25日
https://re-geinou.com/archives/5163

(略)



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『プレーと全く関係ない所で肘打ち』 ネット「だから嫌いなんですよ」「命がいくつあっても足りない







1 :Felis silvestris catus ★:2021/03/26(金) 17:48:41.24 ID:CAP_USER9.net
https://sn-jp.com/archives/33956



自由さんのツイート

プレーと全く関係ない所で肘打ち


ネット上のコメント

・これだけで十分わかった。もう日韓戦はいいわ。やらなくて。得るものがない。

・さすがだな 選手が壊されちゃうよ

・出血しましたね号泣

・命がいくつあっても足りない

・これだからかいだいは

・アナウンサー!

・だから嫌いなんですよ



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


森保Jが抱いた違和感…なぜ日韓ライバル対決は3−0の一方的スコアで終わったのか







1 :砂漠のマスカレード ★:2021/03/26(金) 13:53:19.10 ID:CAP_USER9.net
キックオフの笛が鳴り響いてすぐに、日本代表のトップ下に入った鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)は違和感を覚えた。それもいい意味での驚きが込められたものだった。
「相手が前から激しく来るだろう、とみんなで言っていたんですけど、思ったよりも間延びしていたというか、中盤のところが空いているな、というイメージだったので。そのなかでパスを回そうとしてくれて、ボールを取ってカウンター、というのもけっこうできそうなシーンが多かった」
 韓国代表を日産スタジアムに迎えた25日の国際親善試合。通算で77回目の、ともにヨーロッパ組をそろえた一戦に限れば10年ぶりに実現した日韓戦は日本が前後半で3ゴールを奪い、守ってはシュート6本に抑えて零封。2011年8月に札幌ドームで行われた国際親善試合と同じ結果を手にした。
 通算成績はそれでも日本が14勝23分け40敗と大きく負け越していて、両国ともに国内組だけの陣容で臨んだ直近の東アジア選手権およびEAFF E-1サッカー選手権では、引き分けに連敗と3試合続けて白星から遠ざかっていた。なぜ森保ジャパンは2021年の初陣で快勝できたのか。
 当初は日本戦へ向けた招集メンバーに名前を連ねていたエース、FWソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)が故障で、FWファン・ヒチャン(ライプチヒ)が新型コロナウイルス感染の防疫上の理由でそれぞれ外れてしまった状況で、韓国を率いるパウロ・ベント監督は“奇策”を講じた。
 システムは[4−2−1−3]ながら、韓国の至宝と呼ばれる20歳のMFイ・ガンイン(バレンシア)を最前線の中央で、いわゆるゼロトップとして起用した。ポルトガル出身の指揮官は試合後のオンライン会見で「ヨーロッパ組がいれば勝てた、と言うべきではない。すべての責任は私にある」と断りを入れた上で、変則的な布陣を採用した理由をこう明かしている。
「日本のディフェンスラインをかく乱させるというか、そこで引き寄せて、スペースを作った上で隙を突いて、後ろの選手が入っていければと考えていた」
 しかし、日本は動じなかった。試合前の段階で4バックでも2種類、そして3バックもあると昨秋の韓国戦をチェックしたなかで得た情報をインプットした上で、キックオフ前のウォーミングアップを注視して「4枚で来るとわかった」と、キャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)が続ける。
「それでも正直、予想とは違った。試合が始まってすぐに20番の選手(イ・ガンイン)が前線で張ることもないし、だからと言ってトップ下でもない中途半端な位置を取っている。おそらく誘っているんじゃないか、というのは感じ取りましたし、チームのなかでも『ピッチ上で問題を見つけて、自分たちで解決しよう』と話していたなかで、前半は上手くできたと思っています」

https://news.yahoo.co.jp/articles/62f799d9e107b02d0bc962c23116bd33450cb6ab?page=1
3/26(金) 5:37配信



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/20)<中島翔哉>文句なしのゴールをゲット! 密集地帯を切り裂いた一撃..完璧に合わせた!
(01/20)<南野拓実(リバプール)>決定機逸に海外メディア反応!「『最悪のミス』とファンを驚かす」「外すほうが難しい」
(01/20)<カントナ氏>カタールW杯観戦ボイコットを宣言!「本物ではない。そこにあるのは金だけ」
(01/19)<青森山田>?強すぎ?問題...日本サッカー協会の反町技術委員長が他校の奮起促す「一人勝ちは面白くない」 ★2
(01/19)<12億円当せん者は?>メガビッグ1等払い戻し期限迫る 大分県佐伯市のローソンで販売
(01/19)<神戸・三木谷会長>政府のコロナ対策に苦言連投!「水際対策強化、隔離政策は経済にマイナスなだけ」
(01/19)川島永嗣、新型コロナウイルス検査で陽性…先日今季リーグ戦初出場でクリーンシート勝利に貢献
(01/19)<神戸・三木谷会長>W杯予選後、国内組14日間隔離「頭おかしいんじゃないの」「移動の自由、人権、営業権の侵害だ」 ★2
(01/19)<J2・V・ファーレン長崎>ジャパネット創業者・高田氏寄贈の「国内最大級」新車バスに驚き「豪華」
(01/18)<パリサンジェルマン>メッシ加入で真っ二つに割れて内紛が勃発!「エムバペとネイマールも関係は近くなくなった」
(01/18)<ベガルタ仙台>アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト(ロサリオ・セントラル)の加入内定を発表!「大補強じゃないか!」
(01/18)<選手権王者・青森山田の“勝利への執念”>海外注目「漫画でしか見たことがない」
(01/18)<青森山田>?激しすぎる?プレーが波紋!「なんでイエローがでないのか?」「ラフプレーが多すぎる」 ★3
(01/18)<カズ>関東第一の出場辞退に「何とかならないんですかっ!」と訴え!
(01/18)「香川真司ブランド」にアジア各国が熱視線 ベルギー紙は「商業的ヒット」と報道
(01/17)<鎌田大地(フランクフルト)>芸術ゴールをドイツメディア絶賛!単独最高評価「極上のフットボールアート」
(01/17)青森山田のMF松木玖生は本田圭佑の “後継者”! 武田修宏氏が驚きの育成プランを提案
(01/17)<サンプドリアの日本代表DF吉田麻也>右太ももの負傷で全治1カ月と診断...W杯アジア最終予選出場厳しく
(01/17)<青森山田エース松木玖生>試合前に優勝確信!「これはもう勝ったなと」
(01/17)<B・ラウドルップ氏> セルティック新加入の日本人トリオの早期活躍は「酷」