2021年05月31日

「資金繰りが困難に陥っているクラブは存在しない」Jリーグが20年度クラブ経営情報公表、34クラブ赤字、債務超過は10クラブ







1 :伝説の田中c ★:2021/05/31(月) 20:00:45.00 ID:CAP_USER9.net
 Jリーグは28日、20年度クラブ経営情報開示の先行発表を行った。3月決算の3クラブ(柏レイソル、湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田)を除く53クラブの決算が開示がされた。

 コロナ禍の影響が大きく出ている。特に超厳戒態勢でのリモートマッチや厳戒態勢で入場者数を制限して試合運営を行ったことで、入場料収入が前年比で約6割減少。ただし「経営の継続(資金繰り)が困難に陥っているクラブは存在しない」との見解が示され、Jリーグの木村正明専務理事は「各クラブの努力がにじみ出ている数字かなと思います」と感謝を述べた。

 単年度赤字のクラブは昨年度から15クラブ増えて34クラブ。北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、大分トリニータ、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、ヴァンフォーレ甲府、ツエーゲン金沢、ファジアーノ岡山、レノファ山口FC、アビスパ福岡、V・ファーレン長崎、FC琉球、いわてグルージャ盛岡、ブラウブリッツ秋田、Y.S.C.C.横浜、SC相模原、AC長野パルセイロ、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津、ガイナーレ鳥取、カマタマーレ讃岐、ロアッソ熊本、鹿児島ユナイテッドFCで、5億円を超える純損失をJ1で5クラブ、J2で1クラブが計上した。

 また5年連続でなかった債務超過に陥ったクラブは10クラブに上った。セレッソ大阪とサガン鳥栖が6億円を超えるなど、クラブ規模の大きいJ1クラブが大きな打撃を受けた。

■債務超過
ベガルタ仙台(▲1億2400万円)
セレッソ大阪(▲7億8800万円)
サガン鳥栖(▲6億9300万円)
東京ヴェルディ(▲3億9900万円)
レノファ山口FC(▲8800万円)
アビスパ福岡(▲2億1700万円)
ブラウブリッツ秋田(▲1700万円)
Y.S.C.C.横浜(▲4200万円)
AC長野パルセイロ(▲3300万円)
ガイナーレ鳥取(▲1億5800万円)
※福岡は増資により、2021年3月末現在債務超過を解消

 なお、Jリーグクラブライセンスの交付については、21年度末まで、債務超過および3期連続赤字を判定対象としないとする特例措置を設けている。今後も新型コロナウイルスによる状況・外部環境に大きな変化があった場合は期間の延期も検討するとしている。

■20年度純利益
札幌(▲2億7100万円)
仙台(▲4億8000万円)
鹿島(▲9億4500万円)
浦和(▲6億1200万円)
柏(3月決算)
FC東京(▲3億2500万円)
川崎F(▲1億3100万円)
横浜FM(400万円)
横浜FC(900万円)
湘南(3月決算)
清水(3800万円)
名古屋(▲5億2900万円)
G大阪(▲3億4100万円)
C大阪(▲8億100万円)
神戸(4100万円)
広島(▲1億6600万円)
鳥栖(▲7億1500万円)
大分(▲1億3300万円)
J1合計:▲53億5700万円


山形(▲1800万円)
水戸(▲2700万円)
栃木(1800万円)
群馬(5400万円)
大宮(0)
千葉(▲1億7500万円)
東京V(▲5億2700万円)
町田(600万円)
甲府(▲5300万円)
松本(300万円)
新潟(5200万円)
金沢(▲2700万円)
磐田(3月決算)
京都(1億5600万円)
岡山(▲1900万円)
徳島(7800万円)
愛媛(1100万円)
福岡(▲2億8700万円)
北九州(7000万円)
長崎(▲1億4900万円)
琉球(▲9600万円)
J2合計:▲10億6800万円


八戸(300万円)
岩手(▲1500万円)
秋田(▲3400万円)
福島(600万円)
YS横浜(▲5400万円)
相模原(▲100万円)
長野(▲5300万円)
富山(5700万円)
藤枝(▲600万円)
沼津(▲1500万円)
岐阜(1700万円)
鳥取(▲1億6100万円)
讃岐(▲4200万円)
今治(3600万円)
熊本(▲3400万円)
鹿児島(▲3800万円)
J3合計:▲3億3400万円

https://news.yahoo.co.jp/articles/192b63ecf819b9216eacc8b914c64c5d586f5742



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


神戸・徳山社長 収入大幅減の中で特別利益52億円「楽天グループから強力なご支援」







1 :伝説の田中c ★:2021/05/31(月) 19:38:24.91 ID:CAP_USER9.net
 神戸の徳山大樹社長(32)が29日、前日28日にJリーグから昨年度における各クラブの経営情報が開示された中で、報道陣のオンライン取材に応じた。

 Jクラブでダントツの約63億9000万円というチーム人件費を誇る神戸も、昨年度は新型コロナの影響を大きく受けた。営業収益は19年度の約114億4000万円から47億1400万円に減少し、前年比で67億2600万円円のマイナスだった。

 「コロナの影響で厳しい状況がありました。大きいところとしては、18〜19年が楽天グループがヴィッセル神戸を活用したプロモーションを行っていた中で。昨年はコロナの影響もあり、広告活動が減少して、広告収入が減ったというところが一番の理由です」

 一方で、特別利益が52億5000万円あり、その損失を補てんする形となった。

 「広告活動に制限がかからざるを得なかった昨年の中で。広告活動という形ではなく、強力なご支援を楽天グループから頂いているというのが特別利益にも反映されている形だと思います」

 コロナ禍の中でもクラブとしてさまざまな面で収益を上げるため、新たな戦略を模索中。その一端を徳山社長は明かした。

 「グッズ販売では、ECの比率を上げていく。マッチデーに絡めた企画や勝利の瞬間を切り取った、モメントをうまく活用した商品の展開。ファン、サポーターの皆さまの目線に立って、新しい体験をどういう風に提供できるか。営業収益自体を向上させていくことに取り組んでいきたい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/555127fa6a576d7e528c3a13dfe62d5eb51ca768



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


浦和が再びデンマークから助っ人獲得か 今季CLで2ゴールのショルツ







1 :砂漠のマスカレード ★:2021/05/25(火) 22:40:08.18 ID:CAP_USER9.net
J1浦和が、デンマーク1部ミッティランのDFアレクサンデル・ショルツ(28)を獲得する見通しを同国メディア「B・T」で報じられた。

 同メディアによると、デンマーク人のショルツ移籍話はかなり進んでおり、メディカルチェックを残すのみとなっているという。これまでベルギーのロケレン、スタンダールなどでプレーし、2018年8月からミッティランでプレーしている。今季は公式戦45試合で10ゴールをマーク。1次リーグで敗退した欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ全6試合に出場し、2ゴールを挙げた。得点力も兼ね備えたセンターバックだ。

 浦和のデンマーク人選手といえば、今季加入のFWキャスパー・ユンカー(27)がリーグ戦3戦4発の大ブレーク。ユンカーに続く同国の選手が加入すれば、さらなる上位進出への期待も高まりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/430aa73f5222d5b081a0b7be9d3ed213ebe542ff
5/25(火) 14:33配信



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/20)<中島翔哉>文句なしのゴールをゲット! 密集地帯を切り裂いた一撃..完璧に合わせた!
(01/20)<南野拓実(リバプール)>決定機逸に海外メディア反応!「『最悪のミス』とファンを驚かす」「外すほうが難しい」
(01/20)<カントナ氏>カタールW杯観戦ボイコットを宣言!「本物ではない。そこにあるのは金だけ」
(01/19)<青森山田>?強すぎ?問題...日本サッカー協会の反町技術委員長が他校の奮起促す「一人勝ちは面白くない」 ★2
(01/19)<12億円当せん者は?>メガビッグ1等払い戻し期限迫る 大分県佐伯市のローソンで販売
(01/19)<神戸・三木谷会長>政府のコロナ対策に苦言連投!「水際対策強化、隔離政策は経済にマイナスなだけ」
(01/19)川島永嗣、新型コロナウイルス検査で陽性…先日今季リーグ戦初出場でクリーンシート勝利に貢献
(01/19)<神戸・三木谷会長>W杯予選後、国内組14日間隔離「頭おかしいんじゃないの」「移動の自由、人権、営業権の侵害だ」 ★2
(01/19)<J2・V・ファーレン長崎>ジャパネット創業者・高田氏寄贈の「国内最大級」新車バスに驚き「豪華」
(01/18)<パリサンジェルマン>メッシ加入で真っ二つに割れて内紛が勃発!「エムバペとネイマールも関係は近くなくなった」
(01/18)<ベガルタ仙台>アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト(ロサリオ・セントラル)の加入内定を発表!「大補強じゃないか!」
(01/18)<選手権王者・青森山田の“勝利への執念”>海外注目「漫画でしか見たことがない」
(01/18)<青森山田>?激しすぎる?プレーが波紋!「なんでイエローがでないのか?」「ラフプレーが多すぎる」 ★3
(01/18)<カズ>関東第一の出場辞退に「何とかならないんですかっ!」と訴え!
(01/18)「香川真司ブランド」にアジア各国が熱視線 ベルギー紙は「商業的ヒット」と報道
(01/17)<鎌田大地(フランクフルト)>芸術ゴールをドイツメディア絶賛!単独最高評価「極上のフットボールアート」
(01/17)青森山田のMF松木玖生は本田圭佑の “後継者”! 武田修宏氏が驚きの育成プランを提案
(01/17)<サンプドリアの日本代表DF吉田麻也>右太ももの負傷で全治1カ月と診断...W杯アジア最終予選出場厳しく
(01/17)<青森山田エース松木玖生>試合前に優勝確信!「これはもう勝ったなと」
(01/17)<B・ラウドルップ氏> セルティック新加入の日本人トリオの早期活躍は「酷」