2021年06月30日

ACL第3節 C大阪は3連勝ならず、ポートと辛くもドロー…思わぬ形で失点も途中出場の坂元が同点弾







1 :久太郎 ★:2021/06/30(水) 21:01:30.02 ID:CAP_USER9.net
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループJ第3節が30日に行われ、セレッソ大阪とポートFCが対戦した。

 C大阪は19分、藤田直之がハーフウェーライン付近から浮き球スルーパスを前方に供給。抜け出した加藤陸次樹が相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはゴールの左に外れる。

 29分、小池裕太が左サイドの深い位置からクロスを供給し、中島元彦がヘディングで合わせる。相手DFにクリアされたボールが加藤の下にこぼれると、加藤はペナルティエリア中央から迷わず右足を振り抜いたが、惜しくもクロスバーに弾かれた。

 より多くのチャンスを作っていたC大阪だが、前半終了間際に思わぬ形で失点する。ポートは自陣右サイドからパコーン・プレムパックが前線にロングフィードを供給すると、ボールはペナルティエリア内で高くバウンド。これが前に飛び出したGK松井謙弥の頭上を越えてネットに吸い込まれた。

 C大阪はコンパクトなブロックを敷くポートの守備を崩せずに攻めあぐねる展開が続き、67分に清武弘嗣と坂元達裕を投入。すると79分、その2人の連係で試合を振り出しに戻す。右サイドに開いて受けた坂元は、相手DFの間に顔を出した清武に斜めのパス。清武がヒールパスで返すと、坂元はペナルティエリア右のスペースに抜け出す。坂元が左足を振り抜き放ったシュートは、相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、C大阪は3連勝を逃した。両チームは7月3日に再戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 1−1 ポートFC

【得点者】
0−1 45+3分 パコーン・プレムパック(ポート)
1−1 79分 坂元達裕(C大阪)

https://news.yahoo.co.jp/articles/778a0d9d93bf95a6790b70c54185d60200f56230



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


日本人選手が急速に“巨人化”している 消えてきた高さ、パワーへのコンプレックス ★2







1 :首都圏の虎 ★:2021/06/30(水) 10:19:02.25 ID:CAP_USER9.net
デュエルでも負けないチームに

日本代表は高さに不安がある。

これは長らく続いてきた課題だったが、最近になって状況が大きく変わり始めている。

日本人センターバックとして世界で戦うサンプドリアDF吉田麻也(189cm)、ボローニャで評価を伸ばすDF冨安健洋(188cm)、マルセイユでポジションを守ってきたDF酒井宏樹(185cm)も、サイドバックとしては大型のプレイヤーだ。

東京五輪世代でも23歳の鹿島アントラーズDF町田浩樹(190cm)、守備的MFとセンターバックの両方をこなすフローニンヘンDF板倉滉(186cm)、ジュビロ磐田からシュツットガルトへのレンタル移籍が決まった22歳MF伊藤洋輝(188cm)、さらにクロアチアのNKイストラからスペイン1部アラベスへの移籍が決まった22歳のFW原大智(191cm)など、190cm近い選手も珍しくなくなってきた。

世界とパワーで戦える

単純な高さだけでなく、今季のブンデスリーガではシュツットガルトMF遠藤航がリーグ最多となる476回のデュエル勝利数を記録。パワー勝負では分が悪いと考えられていた日本人選手がデュエル部門でトップに立つなど、数年前では考えられなかったことだ。

いつしかパワー、高さのコンプレックスは消えつつあり、欧州や南米のチームともパワー勝負で十分に張り合っていけるだろう。ここ数年で日本人選手の巨人化が進んでいるのは間違いない。

デュエルの部分はワールドカップ・ロシア大会直前まで日本代表を指揮していたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が口酸っぱく言ってきたことで、Jリーグ全体でもデュエルへの意識が強まっていた。その成果が出ていると考えることもでき、ハリルジャパンでの時間も決して無駄ではなかった。

今では守備が日本のストロングポイントとなりつつあり、翌年のワールドカップ・カタール大会でも日本の守備は通用するはず。守備に自信を持ってワールドカップへ向かうのは珍しいことで、日本サッカー界にとっては大きな変化だ。サイズ、パワーの部分でも確実に世界との距離が近づいており、今後は高さやパワー不足を気にする機会も減っていくだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b24f2bc5742b8a315353cfc80f1c846cf8cfa5b9



★1 2021/06/29(火) 22:19:47.95
前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1624972787/



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


内田篤人氏 テレ朝で五輪キャスター、修造&寺川綾さんと全力応援「選手が輝けるよう力になれたら」







1 :爆笑ゴリラ ★:2021/06/30(水) 09:02:42.76 ID:CAP_USER9.net
6/30(水) 7:00
スポニチアネックス

内田篤人氏 テレ朝で五輪キャスター、修造&寺川綾さんと全力応援「選手が輝けるよう力になれたら」
テレビ朝日の東京五輪キャスターを務める(左から)内田篤人氏、松岡修造氏、寺川綾さん
 サッカー元日本代表の内田篤人氏(33)がテレビ朝日系列の東京五輪キャスターを務めることが30日、同局から発表された。

 2004年のアテネ五輪からメインキャスターを務める松岡修造氏(53)、16年のリオ五輪からコンビを組む寺川綾さん(36)とトリオでアスリートを応援し、興奮と感動を伝える。

 内田氏は3月から「報道ステーション」(月〜金曜後9・54)のスポーツキャスターに就任。五輪は08年の北京大会を経験しているが、初の五輪キャスターに「でもとてもやりがいのある仕事をいただいて光栄に思っています。サッカーだけではなく、さまざまな競技の面白さ、難しさを伝えられたら…。そして日本国民のひとりとして、日本選手たちがオリンピックで輝けるよう、少しでも力になりたい」と意気込んでいる。

 五輪期間中はサッカーにとどまらず多くの競技を取材し、スタジオから松岡、寺川両キャスターとともに熱く伝えていく。

 また、注目の競技について内田氏は「『報道ステーション』で取材したBMXやバスケットボールはとても気になります。僕自身、オリンピック出場経験があるので重圧を感じる選手たちの気持ちもわかるのですが、国を背負って戦う、その後ろ姿を見せてほしいなと思います。さまざまな困難がある中ですが、出場するアスリートたちにはすべてを出し切ってほしい」といい、サッカーには「高校時代から一緒にやってきた盟友・吉田麻也がオーバーエージ枠で選ばれましたが、キャプテンとしてしっかりした戦いをしてほしい。メダルを手にすることがきると信じています」と期待をかけた。

 松岡、寺川両キャスターについて「修造さんは、周りにパワーを分け与えることができる方。そういうパワフルさは僕も目指したいですし、今大会では修造さんが取材する姿を間近で拝見して勉強させていただきたいなと思っています。寺川さんは水泳 という“道”を極めた方。競技に対して深い考えや思いを持っていらっしゃるので、そのご意見をお聞きできるのを楽しみにしています」と、共演を心待ちにしている。



https://news.yahoo.co.jp/articles/c421aaabdd34957a6ff1f906eda724826ffc215f



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(11/28)5選手入れ替えで敗戦の森保監督「ターンオーバーは後悔していません。勝つために必要と考えた」 ★12
(11/28)コスタリカに敗れた日本、決勝トーナメント進出条件は…ドイツが勝てば4チームが並ぶ大混戦
(11/27)ラモス瑠偉氏、生放送で日本代表がW杯で勝つポイントを解説…「前への意識が足りない」「意味のないボール回し」
(11/27)日本−コスタリカ 森保一監督が初戦のドイツ戦に続き君が代で涙
(11/27)日本敗戦、独メディアが楽観「こんな相手に怖がる必要はない」 カナダ戦の逆転負け「すべてに失望」と酷評
(11/27)曲がり幅大きく、GK泣かせ? W杯公式球「アル・リフラ」
(11/27)セルジオ越後氏 日本代表のベスト8進出に疑問符「どうしようもない差がある」(東スポ)
(11/27)明石家さんま 日本がドイツに勝ったことで複雑な思いも…同点弾の堂安にLINEで「やってくれたな」
(11/27)ポーランド、サウジアラビア下し今大会初勝利!レヴァンドフスキW杯初ゴール&シュチェスニーはPKセーブで貢献
(11/26)なぜ青い? サッカー日本代表のユニホーム、赤だった時代も… どれが好き?歴代の日本代表ユニホーム
(11/26)マルセロ、ガラタサライに移籍か…太り過ぎが原因で新天地で輝けず
(11/26)闘莉王氏がFW浅野に「ヘボ!」連呼 森保監督には「メモ意味ない」カナダ戦で猛ゲキ
(11/26)本田圭佑が考えるドイツ戦「布陣は1トップに鎌田、トップ下に久保、右に伊東、左に三笘で」「徹底的にカウンター狙いで」
(11/26)ベルギー代表ルカク、いまだチーム練習に参加できず…カタールW杯開幕2試合は欠場濃厚
(11/26)カタール、ゴール裏のスーパー応援弾が鼓舞! 失点のVAR取り消しで大歓声、相手PK時には威嚇
(11/26)波紋を広げるクリスティアーノ・ロナウドのクラブ非難…ユナイテッドが声明を発表「適切な処置を開始した」
(11/25)FIFAの処分を受け…磐田が来季加入内定の東京国際大FW師岡柊生との仮契約解除を発表、鹿島が同選手を獲得
(11/25)巨人・原監督、森保ジャパンにエール 注目選手の三笘は「異次元」
(11/25)藤枝MYFC、悲願のJ2昇格決定!クラブ史上初の快挙、来季J2は静岡県勢3チームに
(11/25)4年前の「日本、すごいじゃん」を再び…木梨憲武さんが語るW杯