2021年11月30日

なぜメッシはPSGで機能しないのか?フランスで輝きを放てていない理由







1 :ゴアマガラ ★ :2021/11/24(水) 23:29:21.81 ID:CAP_USER9.net
手を上げてもパスの出し先のファーストオプションにはならない。足元にパスを要求してもボールはいつもスペースに出ていく。
プレーリズムの変化はなく、求められるのはカウンター時のスピードだけ。切り返して連携する選手を探すが、選択肢はほとんどない。

リオネル・メッシはパリ・サンジェルマン(PSG)で苦しんでいる。

その原因はメッシ自身も理解しているように、ボール、プレー、そしてフットボールからの強制的な分断である。

メッシはPSGでの最初の数か月間、望んでいたような輝きを見せていない。現在のレベルは本来のクオリティとは無関係な理由で我々が見慣れたものとはまったく異なっている。
もし少しもスポーツの知識がない人に今のパフォーマンスを見せたとして、この背番号30がフットボール史上最高の選手であるとは到底信じられないだろう。

メッシはテルモ・サラのリーガ歴代最多得点記録をはじめ17年もの間記録を作り続けてきたし、ジェローム・ボアテングを転ばせたこともあった。
サンティアゴ・ベルナベウやウェンブリー・スタジアムでは敵意の火を消した。ジョゼ・モウリーニョやペップ・グアルディオラ、
ディエゴ・シメオネといった監督の戦術を蹴散らした。メッシを無効化するあらゆる試みはそのすべてが失敗に終わっていた。

しかし、彼の本当の姿はフランスの首都パリではいまだ見られていない。

移籍市場にとっては衝撃のニュースだった。といってもバルセロナとの契約更新が流れたことによるフリー移籍だったため、移籍金額が注目を集めたわけではなかった。
メッシのサインが巻き起こした騒ぎは、多くの人がネイマールとキリアン・エンバペとの攻撃的なトリデンテが形成されると考えたことによる。しかし、今のところ当初の期待通りには物事は進んでいない。

レギュラーシーズンについていえば、メッシはリーグ・アンでわずか1ゴールにとどまっている。リーグのレベルはヨーロッパの主要リーグからは程遠いが、
PSGのスターにとってフランスでネットを揺らすのは四角を円に入れるのと同じくらい難しいタスクになっており、その理由は誰にもわからない状態だ。

ラ・リーガ最終年の成績は以下の通り
シュート(ブロックされたシュートは除く): 141
枠内シュート: 91 ゴール: 30
ゴール率:21.3% 1ゴールに要する時間: 100.8分
左足ゴール: 27 右足ゴール: 1
ヘディングゴール: 2 その他のゴール: 0

そしてこちらがリーグ・アン1年目の成績である。(※成績は第13節までのもの)
シュート(ブロックされたシュートは除く): 12
枠内シュート: 4 ゴール: 0
ゴール率:0% 1ゴールに要する時間: N/A
左足ゴール: 0 右足ゴール: 0
ヘディングゴール: 0 その他のゴール: 0

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/16e046b06703567b247018c3b098b4f55fe39cf9



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


長谷部誠をフランクフルト地元メディアが絶賛!「彼がいると流動的に」…鎌田大地には厳しい評価







1 :伝説の田中c ★:2021/11/24(水) 20:01:06.54 ID:CAP_USER9.net
フランクフルトの勝利に貢献した長谷部誠と鎌田大地について、地元メディア『Frankfurter Rundschau』が評価を下した。

21日に行われたブンデスリーガ第12節で、フライブルクと対戦したフランクフルト。長谷部&鎌田がフル出場一戦は、34分にリンドストロムが先制点を奪うと、43分にコスティッチが追加点。その後相手の攻撃をシャットアウトし、3位と好調のフライブルクを2-0で下している。

これでリーグ戦連勝を飾ったフランクフルト。『Frankfurter Rundschau』は、最終ライン真ん中で勝利に貢献した長谷部を高く評価した。

「不調のヒンテレッガーに代わって出場。オールド・マスターがピッチに立つと、今までとは違う流動的なゲーム展開になる。前進する良いボールは浮き球でもグラウンダーでも問題なく、要はたくさん成功する。時にはうまくファウルを引き出すこともあった」

一方、鎌田については「最初の25〜30分は全くゲームに参加できていなかった。その後は雪解けとともに、試合全体に影響を与えたが、最後の数分間は無力だった。無害なままでは迷惑であり、もっと味をつけなければならない」と厳しい評価を下している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/83a7d074110a311c13ac9f3895f201b3bb536692



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


中国サッカー界は崩壊寸前!1部リーグ「ほとんどのクラブが給与支払い延滞」の衝撃実態







1 :爆笑ゴリラ ★:2021/11/24(水) 20:00:13.75 ID:CAP_USER9.net
11/24(水) 18:54
東スポWeb

中国サッカー界は崩壊寸前!1部リーグ「ほとんどのクラブが給与支払い延滞」の衝撃実態
中国メディアが衝撃の給与支払い実態を伝えた(東スポWeb)
 混乱の続いているサッカーの中国1部リーグで多くのクラブが選手への給与支払いを延滞している。すでに外国人スター選手が退団するなど、リーグ崩壊の危機に直面する中、中国メディア「捜狐」は「ほとんどのクラブが延滞していた。最近各チームが支払った給与の統計を作成し、少なくとも11のクラブが延滞状態」と伝えている。

【北京国安】5か月以上延滞しており、半年間で1か月分の給与が支払われている。

【上海申花】月給の一部を滞納している。

【広州】2か月間延滞しており、9月3日以降は賃金が支払われていない。チームはまだ活動停止状態にあり、プレーヤーは自発的にしかトレーニングできていない。

【広州市】2か月の延滞があり、給料が期日までに支払われなかったのはクラブの歴史上初めて。

【武漢】7か月以上の賃金不足。2021年に入って、わずか3か月分の賃金が支払われている。20年シーズンの一部報酬も支払われていない。

【重慶】8か月以上の延滞。2021年は2か月分の給料しか支払われていない。チームは練習を中断している。

【青島黄海】6か月以上の延滞。できるだけ早い再配が約束されているが、実現されていない。

【天津津門虎】延滞2か月。経営陣は第2ステージ前に補てんすると、プレーヤーに伝えた。

【滄州】給料は約6か月延滞。

【長春亜泰】賃金は約4か月間も借りており、数か月ごとに2か月間分が払われている。

【河北】通常、少なくとも6か月以上。クラブのオフィスはすでに封印を施しており、トレーニングベースの電気代を支払うことができない。

【深セン】給与は通常通りに支払われているが、11月に支払われるかは定かではない。チームは正常に活動している。

【河南嵩山龍門】給与の支払いは通常通り。

【大連】新しい給与システムに従って通常の給与を支払っている。

【山東泰山】給与は通常通り支払われている。

【上海海港】給与は通常通り支払われている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d397823ad35156782328990cc491eb10ee7fa6db



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/20)<中島翔哉>文句なしのゴールをゲット! 密集地帯を切り裂いた一撃..完璧に合わせた!
(01/20)<南野拓実(リバプール)>決定機逸に海外メディア反応!「『最悪のミス』とファンを驚かす」「外すほうが難しい」
(01/20)<カントナ氏>カタールW杯観戦ボイコットを宣言!「本物ではない。そこにあるのは金だけ」
(01/19)<青森山田>?強すぎ?問題...日本サッカー協会の反町技術委員長が他校の奮起促す「一人勝ちは面白くない」 ★2
(01/19)<12億円当せん者は?>メガビッグ1等払い戻し期限迫る 大分県佐伯市のローソンで販売
(01/19)<神戸・三木谷会長>政府のコロナ対策に苦言連投!「水際対策強化、隔離政策は経済にマイナスなだけ」
(01/19)川島永嗣、新型コロナウイルス検査で陽性…先日今季リーグ戦初出場でクリーンシート勝利に貢献
(01/19)<神戸・三木谷会長>W杯予選後、国内組14日間隔離「頭おかしいんじゃないの」「移動の自由、人権、営業権の侵害だ」 ★2
(01/19)<J2・V・ファーレン長崎>ジャパネット創業者・高田氏寄贈の「国内最大級」新車バスに驚き「豪華」
(01/18)<パリサンジェルマン>メッシ加入で真っ二つに割れて内紛が勃発!「エムバペとネイマールも関係は近くなくなった」
(01/18)<ベガルタ仙台>アルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト(ロサリオ・セントラル)の加入内定を発表!「大補強じゃないか!」
(01/18)<選手権王者・青森山田の“勝利への執念”>海外注目「漫画でしか見たことがない」
(01/18)<青森山田>?激しすぎる?プレーが波紋!「なんでイエローがでないのか?」「ラフプレーが多すぎる」 ★3
(01/18)<カズ>関東第一の出場辞退に「何とかならないんですかっ!」と訴え!
(01/18)「香川真司ブランド」にアジア各国が熱視線 ベルギー紙は「商業的ヒット」と報道
(01/17)<鎌田大地(フランクフルト)>芸術ゴールをドイツメディア絶賛!単独最高評価「極上のフットボールアート」
(01/17)青森山田のMF松木玖生は本田圭佑の “後継者”! 武田修宏氏が驚きの育成プランを提案
(01/17)<サンプドリアの日本代表DF吉田麻也>右太ももの負傷で全治1カ月と診断...W杯アジア最終予選出場厳しく
(01/17)<青森山田エース松木玖生>試合前に優勝確信!「これはもう勝ったなと」
(01/17)<B・ラウドルップ氏> セルティック新加入の日本人トリオの早期活躍は「酷」