2022年08月31日

鹿島・鈴木優磨の代表選外に海外注目!森保一との不仲説に「彼のエゴが…」







1 :愛の戦士 ★:2022/08/22(月) 15:34:17.88 ID:CAP_USER9.net
footballtribe football-tribe.

明治安田生命J1リーグ・鹿島アントラーズ所属のFW鈴木優磨(26)は、FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選など日本代表戦での招集歴がない。森保一監督のもとで一度も招集されていないことが物議を醸している中、オーストラリアメディア『オプタス・スポーツ』が両者の不仲説について見解を述べている。

 鈴木優磨は2018年、鹿島アントラーズの絶対的ストライカーとしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に大きく貢献するとともに、大会MVPにも選出。シント=トロイデンVV(STVV)在籍時の2020/21シーズンには、ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)で17ゴールをマークしていた。

 そして今年1月にはSTVVから鹿島アントラーズに復帰すると、キャプテンマークを巻いてJ1リーグほぼ全試合に先発出場して7ゴールをマーク。日本国内外で実績を積み重ねているにもかかわらず、代表戦のピッチに立っていない。

 また日本代表の森保一監督は6月のキリンチャレンジカップ・キリンカップサッカー2022の代表メンバー発表前、鈴木優磨を代表候補に含めていることを明言。先月のEAFF E-1サッカー選手権2022(旧東アジアサッカー選手権)でも国内組中心の編成で臨むことを明かしていたが、同選手はいずれの大会でもメンバー外だった。


 この鈴木優磨の日本代表招集外に対しては、多くのサッカーファンから疑問の声が噴出。森保一監督と同選手の不仲説が駆け巡るなど、議論を呼んでいる。

 そんな中、『オプタス・スポーツ』は「なぜ日本代表はスズキの招集を拒むのか?」という見出しをうち、「鈴木優磨は、日本代表攻撃陣の主役のひとりになるはずだった。しかし、彼のキャラクターと政治的側面が絡み合い、彼のワールドカップへの道を阻んでいる」と綴っている。

 また同選手の特徴について「鈴木優磨は、典型的な日本人フォワードではない。彼は雑種的であり、自分やチームを有利にするためにゲームの暗黒技術に手を染めることを恐れていない。敬意とフェアプレーを基本とする社会では必ずしもうまくいくとは限らない。ただ彼はまわりの反応に動じない」

※続きはリンク先で
https://football-tribe.com/japan/2022/08/22/250239/



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


三笘薫、後半ロスタイムに途中出場もボール触れず「無駄遣い」「せめて5分前に投入」ファン嘆き







1 :ゴアマガラ ★ :2022/08/22(月) 00:45:58.38 ID:CAP_USER9.net
<プレミアリーグ:ウエストハム0-2ブライトン>◇21日◇ロンドン

 ブライトンの日本代表MF三笘薫(25)が、デビュー戦から2試合続けてピッチに立った。2-0の後半ロスタイムに途中出場。前線の左に入ったが、わずか3分の出場に終わり、ボールに触る機会はなく、試合終了の笛が鳴った。
SNSでは「三笘薫の無駄遣い」「せめて5分前に投入して欲しかった」など、ファンの嘆きのつぶやきが目立った。これで、開幕から3戦連続でメンバー入り。
前節の13日ニューカッスル戦で、後半30分から途中出場。プレミアリーグデビューを果たした。

三笘は昨夏、川崎フロンターレからブライトンへ完全移籍。21-22シーズンは、姉妹クラブであるベルギー1部のサンジロワーズでプレー。公式戦29試合で8得点4アシストをマークし、その活躍が認められ、今夏ブライトンに復帰した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/725af4cb13aba80deb2e000b28bdca3404bcd278



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


「ポスト森保一」は誰だ? 次期サッカー日本代表監督の「有力2候補」







1 :ネギうどん ★:2022/08/21(日) 17:27:00.66 ID:CAP_USER9.net
 W杯イヤーの8月。いつもなら新しい監督が決まって、9月の強化試合に向けて新生日本代表がスタートを切る時期だ。

 それが今回は、カタール開催ということで気温40度を超える6月、7月を避け、過ごしやすい11月開幕となった。つまり、4年後のW杯に向けての始動が半年遅れることになる。W杯が閉幕したあと、最初に強化試合を組める国際Aマッチデーは来年3月末だ。

 そこで重要になってくるのが、次の代表監督人事。サッカー協会の田嶋幸三会長は次期監督候補について「日本を熟知している人なら国籍を問わない」と発言しているが、半年以上もスタートが遅れることを考えれば、外国人監督ではリスクが大きい。「ポスト森保」は日本人監督になる可能性が高い。

 では、その候補は誰か。日本代表の課題は決定力。守備はある程度計算できるが点が取れない。攻撃力を改善できる監督でなければならない。そうすると候補は2人に絞られる。名古屋グランパスの長谷川健太監督と川崎フロンターレの鬼木達監督だ。

 長谷川監督は05年に古巣・清水エスパルスの監督に就任すると、低迷するチームを優勝を争うまでに成長させた。13年、当時J2にいたガンバ大阪の監督に就くと、1年でJ1に復帰させ、J1復帰初年度にいきなり3冠(リーグ、ナビスコカップ、天皇杯)を獲得。18年からのFC東京時代もルヴァン杯優勝と、実績は文句なし。田嶋会長とは筑波大学の先輩後輩であり、反町康治技術委員長も清水東高の2年先輩だ。協会とのコミュニケーションは問題ない。

 ただ、長谷川監督は名古屋の監督に就任して1年目。守備重視のチームを少しずつ攻撃的なチームに変えている段階。今夏には愛弟子の永井謙佑をFC東京から獲得したばかり。代表監督に就任する可能性は薄い。

 一方の鬼木監督は、17年に川崎の監督に就任以来、攻撃的なサッカーでJ1優勝4回、天皇杯、ルヴァン杯もそれぞれ1回、優勝している。これだけの実績を残している監督を川崎が簡単に手放すとは思えない。

 しかし今季の川崎は、初のアジア王者を目指していたアジアチャンピオンズリーグで予選敗退。天皇杯もルヴァン杯も敗退。鹿島以来の3連覇がかかっているJ1リーグも苦戦している。もし、このまま無冠に終われば、いくらクラブが引き留めても、鬼木監督が責任を取って辞任する可能性はある。フリーになってくれれば協会としては渡りに船だ。

 4年後の日本代表は、三笘、田中碧、守田といった鬼木監督の愛弟子たちが中心になる。課題だった攻撃力も解消できるのではないか。

https://asagei.biz/excerpt/47261



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


サッカーニュース新着記事
(01/31)C・ロナウドが1か月の出場停止か ユベントス不正会計で「徴税回避」の選手も処分へ
(01/31)バルセロナが鎌田大地を補強候補に!スペイン紙「確認が取れた。バルサは彼を候補リストに入れている」
(01/31)三笘薫の一撃がプレミア月間ベストゴール候補入り! ブライトンからは3人が選出
(01/31)「日本のことわざ」でモウリーニョ師匠の誕生日を祝う!ヴィラスボアス監督が話題
(01/31)W杯欧州予選 12組のリーグ戦で実施 出場枠が13から16に増加で
(01/31)バルサに大打撃の可能性、財政難の影響でガビを選手登録できず…2024年夏にフリーになる可能性も?
(01/30)菅原由勢、鮮やかなコントロールシュートで今季4得点目!1ゴール2アシストで勝利の立役者に
(01/30)南葛SCスタジアム計画で見えてきた「東京23区初のJリーグチーム」
(01/30)ベルギー1部クラブでレギュラーのDF渡辺剛、日本との比較に「Jリーグの方が…」
(01/30)アザールに蹴られたボールボーイ、驚きの現在 物議から10年「資産62億円の起業家に」
(01/30)Jリーグ30周年イベントに観月ありさが登場 朝日奈央が体調不良で「事務所の後輩のためになるなら、私よっしゃ、いこ!と」
(01/30)元日本代表FW斎藤学 オーストラリア1部移籍「日本、韓国とは違った国の文化、言語を学んできたい」
(01/30)遠藤航、スーパーミドル弾!シュトゥットガルトで今季リーグ戦3ゴール目
(01/29)「まさに圧巻だった」スーパーゴールの三笘薫が快挙! 2週連続でプレミアリーグベスト11選出
(01/29)シャルケの22歳MF上月壮一郎がデビュー2戦目でブンデス初ゴール!W杯浴びた敵DFグバルディオルを翻弄する見事な一撃
(01/29)久保建英 バルサ、レアルとの勝負の2連戦は?評価爆上げ?のチャンス
(01/29)インターネットテレビ局「ABEMA」、日本代表MF三笘薫所属のブライトンの2月全4試合無料中継
(01/29)移籍金141億円加入のウクライナ代表FWムドリク(22歳)が鮮烈プレミアデビュー!
(01/29)上田綺世が今季8ゴール目!…サークル・ブルッヘは劇的勝利で5戦ぶり白星を掴む
(01/28)スーパーゴールの三笘薫をオーウェンも激賛! あのハーランドを引き合いに「金銭的に最も価値ある」