サッカーニュース新着記事
(12/09)<DF冨安健洋(アーセナル)>英紙「アーセナル復活の功労者」と高く評価!「ミスター・コンシステント」
(12/09)<菅原由勢(AZ)>'抜群の“守備力”を見せるサムライがオランダにいる!地上戦勝率(70.15%:リーグDF中2位)
(12/09)<同性愛者>「カタールでは同性愛者が死刑になるという記事を読んだ。とても怖くて、カタールに行きたいとは思わない」
(12/09)<J1昇格・京都サンガ>オランダ出身DFヨルディ・バイスが2契約満了となったことを発表!「なぜだ」「嘘だろ」「ショック」
(12/09)<なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない?>「サッカーには昇降格制度がありますが、野球はありません」★2
(12/08)<三笘薫>“イブラ級”アクロバティック弾に海外仰天「ズラタン・ミトマ!」と絶賛.. 日本人アタッカーの株は急上昇
(12/08)<カタール・ワールドカップ>オミクロン株急拡大で延期や無観客開催の可能性!海外メディアが報道...
(12/08)<DF伊藤洋輝>香川、遠藤に続く《日本の宝石》に大騒ぎ! 188cmの大型レフティーがここまで当たると誰が予想した?
(12/08)森保監督、スタメンは「動けるか、機能できるか確認して起用している」
(12/08)磐田FW大津、優勝シャーレを掲げる際の”制度”に呟き 「みんなで掴み取ったタイトルだからこそ…」

2021年12月08日

<カタール・ワールドカップ>オミクロン株急拡大で延期や無観客開催の可能性!海外メディアが報道...







1 :Egg ★:2021/12/02(木) 05:46:46.15 ID:CAP_USER9.net
新型コロナウイルスの「オミクロン株」の急拡大が日本代表をはじめサッカー界を直撃。来年のカタールW杯が延期や無観客開催の可能性も浮上してきた。

 日本サッカー協会はオランダ遠征に参加したなでしこジャパンの選手やスタッフに帰国後の特例措置が適用されず、14日間の隔離が求められることになったと発表。これを受けて、多くの選手が直近のWEリーグに出場できないことになり、リーグ側が4日に予定されていた5試合を延期する異例の決定を下した。なでしこジャパンが12月に予定していた強化合宿も、協会側は「実施はいったん白紙」と説明。スケジュールは大混乱に陥っている。

 来年1月にカタールW杯アジア最終予選を控える男子の森保ジャパンも人ごとではない。現在の措置が続けば相手チームは入国できず、日本代表選手も帰国後の特例措置がないため練習や試合出場が不透明になる。森保監督は1日の取材対応で「現時点ではまだ情報として影響は聞いていない。また今後状況が変わっていくかもしれない」と話すにとどめたが、不安は募るばかりだ。

 そして肝心のW杯本大会の開催も暗雲が垂れこめてきた。メキシコメディア「デポルトレーセ」は「新たなオミクロン株がカタールW杯を脅かす」と報道。「カタールが近く外国人の入国を禁止するとみられる。今後数か月の感染次第で政府は?鉄のカーテン?を敷く」とした上で「東京五輪は無観客で行われたが、カタールW杯も開催が危ぶまれる。史上初の無観客W杯となる可能性もある」と指摘した。

 果たしてカタールW杯は無事に開催されるのか。すべてはオミクロン株の感染状況にかかっている。

東スポ 12/2(木) 0:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bf38d1b51cacb67f8c2ff5e7934f1fac7f8df50

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211202-03833888-tospoweb-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<DF伊藤洋輝>香川、遠藤に続く《日本の宝石》に大騒ぎ! 188cmの大型レフティーがここまで当たると誰が予想した?







1 :Egg ★:2021/12/01(水) 22:43:51.36 ID:CAP_USER9.net
ドルトムントで活躍したMF香川真司に始まり、最近ではシュツットガルトでMF遠藤航が活躍するなど、ドイツの地では無名の日本人選手が定期的にサプライズを起こしてきた。

その流れに続いたのが遠藤と同じシュツットガルトでプレイするDF伊藤洋輝である。

伊藤がシュツットガルトへ移籍することが決まった時、伊藤のことを知っていたシュツットガルトの現地サポーターは1割いればいい方かもしれない。A代表でのプレイ歴もなく、唐突な移籍発表に思えたことだろう。

しかし、伊藤がサポーターを納得させるのに時間はかからなかった。188cmのサイズを持つ伊藤は中盤と最終ラインの両方を担当できる選手で、シュツットガルトでは主に3バックの一角としてチームに貢献。確かな地位を確立しようとしている。

『90min』は伊藤について、「典型的なミスリンタートの補強」と紹介する。

ミスリンタートとは、敏腕スカウトとしてドルトムント時代に香川、現在のシュツットガルトにてディレクターとして遠藤を発掘してきた人物だ。安価で無名の実力派若手プレイヤーを引き抜くのが上手く、伊藤のブレイクも香川や遠藤と非常によく似ている。

「22歳の日本人はシュツットガルトにとって嬉しいサプライズであり、典型的なミスリンタートの補強だ。伊藤が獲得された時、おそらく誰も彼のことを知らなかっただろう。しかし伊藤は半年でチームに欠かせない存在になった。またもミスリンタートはお買い得な宝石を引っ張ってきた」

同メディアはこのように評しており、シュツットガルトにとっては大成功の補強と言っていい。

伊藤はジュビロ磐田から10万ユーロの価格でレンタル移籍しているが、シュツットガルトが完全移籍に切り替えたがるのは自然な流れだ。その価格も40万ユーロとされており、超がつくバーゲン補強だ。

伊藤にとってもブンデスリーガで経験を積めているのは大きく、来年のワールドカップ・カタール大会出場を目指す日本代表にも割って入れるかもしれない。

ザ・ワールド 12/1(水) 6:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/97617765fb977bf30df1819765db85b893c96337

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211201-00010000-theworldw-000-1-view.jpg?exp=10800



続きを読む
posted by messi at 18:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


森保監督、スタメンは「動けるか、機能できるか確認して起用している」







1 :ゴアマガラ ★ :2021/12/01(水) 21:03:22.56 ID:CAP_USER9.net
サッカー日本代表の森保一監督(53)が1日、オンラインで取材対応し、自身の選手起用について考えを語った。

9月から始まったワールドカップ(W杯)アジア最終予選では初戦のオマーン戦(埼玉)で敗れる苦しいスタートとなったが、10試合中、6試合を消化した段階でW杯出場権を確保できる2位につけている。

選手起用については「チーム作りにおいて、ベースはなければいけない」と、ある程度スタメンを固めている理由を説明した。

コロナ禍により国際親善試合が組めなくなり、公式戦を前に試すことのできる機会が無くなっていることも、メンバー入れ替えを難しくしている。

一部では、好調な選手がいても思い切った起用が少ないことへの不満が根強い。それでも、指揮官は「序列はあるとは思うが、それが絶対ではない。招集をする課程で情報収集し、
活動の中で練習を見て、動けるか、機能できるか確認し見極めて起用している」と、基盤を固める重要さがありながらも、あくまで実際の練習を見て起用を決めていると強調した。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202112010000259_m.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral



続きを読む
posted by messi at 12:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする