サッカーニュース新着記事
(12/09)<DF冨安健洋(アーセナル)>英紙「アーセナル復活の功労者」と高く評価!「ミスター・コンシステント」
(12/09)<菅原由勢(AZ)>'抜群の“守備力”を見せるサムライがオランダにいる!地上戦勝率(70.15%:リーグDF中2位)
(12/09)<同性愛者>「カタールでは同性愛者が死刑になるという記事を読んだ。とても怖くて、カタールに行きたいとは思わない」
(12/09)<J1昇格・京都サンガ>オランダ出身DFヨルディ・バイスが2契約満了となったことを発表!「なぜだ」「嘘だろ」「ショック」
(12/09)<なぜサッカー界には“新庄剛志のような監督”がいない?>「サッカーには昇降格制度がありますが、野球はありません」★2
(12/08)<三笘薫>“イブラ級”アクロバティック弾に海外仰天「ズラタン・ミトマ!」と絶賛.. 日本人アタッカーの株は急上昇
(12/08)<カタール・ワールドカップ>オミクロン株急拡大で延期や無観客開催の可能性!海外メディアが報道...
(12/08)<DF伊藤洋輝>香川、遠藤に続く《日本の宝石》に大騒ぎ! 188cmの大型レフティーがここまで当たると誰が予想した?
(12/08)森保監督、スタメンは「動けるか、機能できるか確認して起用している」
(12/08)磐田FW大津、優勝シャーレを掲げる際の”制度”に呟き 「みんなで掴み取ったタイトルだからこそ…」

2021年12月08日

磐田FW大津、優勝シャーレを掲げる際の”制度”に呟き 「みんなで掴み取ったタイトルだからこそ…」







1 :伝説の田中c ★:2021/12/01(水) 20:06:09.20 ID:CAP_USER9.net
 ジュビロ磐田は11月28日のJ2リーグ第41節ザスパクサツ群馬戦で0-0と引き分け、1試合を残してJ2優勝が決まった。主力としてチームを支えた元日本代表FW大津祐樹は、自身のツイッターでシャーレを掲げる際の制度に関して改正を呼び掛けている。

 大津は今季開幕前に横浜F・マリノスから磐田に移籍。序盤戦はベンチスタートだったが、第6節のファジアーノ岡山戦(1-0)で初先発を務めると、その後レギュラーに定着。献身的なプレーでチームを支え、39試合に出場してチーム4位の6ゴールをマークした。

 11月14日のリーグ第39節水戸ホーリーホック戦(3-1)で3年ぶりの昇格を決めた磐田は、群馬戦で勝ち点1を手にし、リーグ優勝が決定。選手たちが優勝シャーレを掲げて、シーズンの厳しい戦いの末に得た栄冠を喜んだ。

 群馬戦で先発出場していた大津は、30日にツイッターを更新。優勝シャーレを掲げる際の制度に関して自身の見解を綴っている。

「優勝してシャーレを掲げる時、その試合の18人しか入れないって制度。怪我や累積が重なると参加できない。18人だけではなくチーム全員でこの瞬間を共有したい。優勝する為にチームみんなで掴み取ったタイトルだからこそ、この制度が変わってくれると嬉しいなーって思ったので呟いてみてます。笑」

 これには、磐田の同僚で仲のいいDF小川大貴も、「まさに”つぶやき”ですね笑。色々な事情があるかもしれませんが、チーム全員でこの瞬間を共有出来る様になったら尚良いですね」とコメント。ファンからも「激しく同意」「そんな制度があることすら知らなかった」「大津先輩ええこというなぁー」といった声が上がっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/056eb59448a2adcc304f3d9c908d59b74bf8799f



続きを読む
posted by messi at 10:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2021年12月07日

<ベネズエラ代表>名将ペケルマン監督が就任! W杯出場への切り札として指名







1 :Egg ★:2021/12/01(水) 12:16:32.49 ID:CAP_USER9.net
ベネズエラ・サッカー連盟は11月30日、アルゼンチン人のホセ・ペケルマン氏(72)の代表監督就任を発表した。

アルゼンチン、コロンビアを率いた実績十分の名将が、強豪ぞろいの南米から、まだワールドカップ(W杯)出場経験のないチームの切り札として、指名を受けた。

連盟のギメネス会長は会見で「経験があり、変革を成し遂げられるコーチを探していた。ペケルマン氏は、これら全てを満たしている」と述べた。

日本とも縁があり、2018年W杯ロシア大会の1次リーグではコロンビアを率い、西野朗監督の日本と対戦。1−2で日本に敗れた。

ベネズエラはW杯カタール大会の南米予選でも最下位と低迷している。

日刊スポーツ 12/1(水) 10:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/3485a1edd0b7add37246a263238557110822cc39

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211201-42010146-nksports-000-4-view.jpg?pri=l&w=434&h=640&exp=10800



続きを読む
posted by messi at 23:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<徳島ヴォルティス>問題行為のサポーターに無期限入場禁止処分…湘南戦での追悼セレモニー中に心ない発言







1 :Egg ★:2021/12/01(水) 12:03:33.93 ID:CAP_USER9.net
徳島ヴォルティスは1日、サポーターの行為に対する処分を発表した。

問題が起きたのは11月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスの一戦。この試合では、11月23日に急逝した湘南のMFオリベイラ(23)を追悼するセレモニーがピッチで行われたが、その際に不適切な発言が確認された。

この行動に対し徳島は11月29日に岸田一宏 代表取締役社長名義で謝罪文を掲載「特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます」としていたが、その処分が発表された。

徳島は、当該行為を行ったサポーターに対して、事実確認と処分内容を通告。対象者は1名であり、無期限の入場禁止処分を下すとともに、Jリーグや日本サッカー協会、その他Jクラブが主管する全ての試合への入場が禁止されることとなった。なお、応援団体登録を受理しているサポーター団体の登録者ではなかったとのことだ。

徳島は、岸田社長名義で改めて謝罪するとともに、サポーターへのマナー遵守徹底を管理していくとした。

「本日、11月27日の明治安田生命J1リーグ第37節湘南ベルマーレ戦にて「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言をおこなった行為者への処分をご報告いたしました」

「この事象によりご不快な思いや多大なるご迷惑をおかけした湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに対してあらためて心より深くお詫び申し上げます。そして、Jリーグを応援いただいております全ての皆さま、全ての関係者の皆さまに心より謝罪を申し上げます」

「ファン・サポーターをはじめとする多くの皆さまは、コロナ禍で生じた様々な制限や我慢の中でも「新しい観戦様式」に基づいてルールやマナーを守った上で観戦をしていただいております。そのような中で発生した今回の行為は誠に遺憾でなりません。クラブとして、一部の心無きサポーターが引き起こした本事象は決して許すことのできない行為であると重く受け止め、無期限の入場禁止という厳正な対応をさせていただきました」

「徳島ヴォルティスではこの度の事象を厳粛に受け止め、観戦マナーや観戦ルール(ヤジ・暴言含む)、 Jリーグ禁止事項(ホーム・アウェイに関わらず)などを遵守いただけない方には厳格な対応で臨み、今後の再発防止に向けて管理・監視の徹底を図ってまいります。何卒、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

今回の件は、試合後、湘南のホーム最終ゲームということもあり試合後にセレモニーが実施。キャプテンのDF岡本拓也がオリベイラの死を悼むスピーチとともに、ファン・サポーターへの挨拶。その後、山口智監督が挨拶。静まり返ったスタジアムで言葉に詰まりながらもオリベイラに向けた言葉に耳が傾けられる中、徳島サポーターから「湘南ありがとう。湘南バイバーイ」という声が聞こえる、あり得ない事態が起きていた。

また、徳島サポーターは11月20日に行われたFC東京戦ではブーイングの行為を行い、2週続けてサポーターの問題行動が確認されていた。



続きを読む
posted by messi at 21:09 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする